キャッシングを使って半年くらいです。自分でもびっくりしてるというか、やばいな、って思ってるのでこれからはもっと計画的に使う予定です。何でこんなことを考えたかって言うと、たったの半年で総量規制に引っかかってしまったからなんです。これは自分でも凄く驚きました。計画的に使ってたつもりでも、手軽さに油断してついつい使いすぎちゃったみたいです。(参考ページはこちら→融資の総量規制はすぐに訪れる?

総量規制っていうこともよく知らなかったので、お金を借りられないって分かった時は凄く驚きました。その後、消費者金融の人に説明してもらってやっと理解したんですけど…、お金のことってしっかり知っておかないと大変なことになるんですね。勉強になりました。今はお金をとにかく返すことに集中してます。別に返済事故ってわけではないので、返済をしっかりすれば今後は大丈夫ですよね。

それで不思議なんですけど、総量規制ってなんで分かるんですか?年収の三分の一しか借りちゃいけないっていうのは分かったんですけど、すぐ分かるじゃないですか。変な話、ATMにカードを入れた瞬間に分かってる感じでした。あれはどうしてなんですか?人によって収入なんて違うんだから、すぐ分かるわけないと思うし。審査の時にもすぐ分かるみたいですね。それがどうしても不思議です。

キャッシング履歴は信用情報機関に記録されているんです!

半年で総量規制ですか……結構ハードな使い方をしていたのかな、と予想してしまいます。とはいえ総量規制には収入の問題もありますから、一概に「使いすぎ」と言うのも難しいかもしれませんね。返済に力を入れられる状況ならぜひそうしていきましょう。

おっしゃる通り、総量規制に引っかかったからと言って返済事故になることはありません。ただ、やはり「お金を借りられない状態」というものは不便ですし、いざと言う時にも困ってしまいますから、繰り上げ返済なども活用しながら早めに返していきましょう。ある程度の余裕ができればまた借りられるようになりますので、今度は気をつけながら利用して下さいね。

年収や総量規制のことが審査の段階や利用中になぜ分かるのか、というご質問ですが、答えは意外と簡単です。総量規制が関係あるということは消費者金融系をご利用のようですので、そちらから説明しましょう。

消費者金融は顧客の情報を数社が共有しています。共有しているというのは、データの受け渡しをしているということではなく、共通の信用情報機関を利用しているのです。この機関には顧客の消費者金融での利用状況、返済状況などが分かるようになっています。各社がここに利用ごとに(またはトラブルごとに)情報登録をしていくので、他社もその情報を共有できることになります。(参考ページはこちら→融資での信用情報機関について

利用中や審査の時にすぐ分かるのは、この情報は特定のネットワークを利用して(外部からは見られません)すぐに閲覧することができるからです。あなたがATMにカードを入れてから数秒で分かることもあります。総量規制に近ければここで利用を渋られるでしょう。

この情報は永遠に記録されているわけではなく、一定期間を過ぎれば自動的に消去されます。もしもご自分に不名誉な記録が残っているかどうか不安……という時には、問い合わせをしてみても良いかもしれませんね。しかし基本的に本人と登録金融機関しか閲覧できませんので、そこまで心配することもありませんよ。これからも安心して利用して下さいね。

キャッシングの審査で年収どうしてわかるか

キャッシングの審査に合格するには年収が大切だと言われることが多いですが、そもそも金融会社は年収どうしてわかるか?こんな疑問を持つ人は多いと思います。まず、年収が分かる理由は収入証明を提出するからです。基本的に収入証明はキャッシング申込時の必要書類であり、ほとんどの金融会社ではこの書類を提出しなければ申し込めません。

収入証明として利用できる書類はいくつかあります。代表的な書類は給与明細や源泉徴収です。会社で働いている人なら給与明細は毎月受け取ることになりますし、年末には源泉徴収があります。こうした書類を提出するため金融会社は申込者の年収を簡単に把握することが出来ます。

収入証明は確定申告書を利用することもできます。これは会社で雇用されていない個人事業主などが利用する収入証明ですが、この場合はもっと簡単に年収を知られることになります。確定申告とは年間の所得を計算するものなので、これを利用する場合もやはり金融会社に年収を知られてしまいます。

上記のようにキャッシング審査で年収どうしてわかるか?その答えは収入証明にあるので知っておくと良いです。また、キャッシングには収入証明がいらないケースもあります。総量規制が適用されない銀行などでは、一定の限度額以下で申し込む場合に収入証明不要で身分証明があれば申し込めるところがあります。この場合は上記とは全く異なる内容であり、やはり収入証明がないことで申込者の年収を確実に把握することが出来ないので、審査に合格することがかなり簡単になります。
(⇒融資審査に通過する為のコツ

しかし、結局は限度額が各社で決められているので、大きな限度額を持つためには収入証明が必要となります。もし小口でも良いのでとにかく合格したいというなら収入証明なしで申し込める会社を選んでおくと審査では年収が不問になるため、合格率が高くなることを知っておくと便利です。収入が低い人でもキャッシングでお金を借りやすい方法です。

【参考ページ】
様々な融資の借り入れ条件