キャッシングには免許証が必要、これは誰もが知っていることだと思いますし、免許証ほど日本では使いやすいIDカードというのはないかなと思います。そんなキャッシングのために免許証を使うのはわかるんですが、ない場合はどうしたらいいのでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査で有効な身分証

キャッシングで免許証がない場合、これはもう借り入れなどをすることが難しいのでしょうか。ヤミ金などであれば大丈夫なような気もしますが…
(⇒闇金はどんな場合でもNGです

ヤミ金でなくても免許証がない人にも貸出をしてくれる

免許証のない人に貸出をしてくれないんじゃないか、という心配ですけれどもこれはもう心配しなくても大丈夫で実はヤミ金のような危ないところを使わないでも、免許証がない人も借り入れをすることができるのです。実は日本の消費者金融やカードローンなどのキャッシング業者はその他にも身分証明証を認めています。

例えばヤミ金のようなところは何も持って行かなくても、住所や電話番号だけで借り入れをすることができるでしょう。だから使えると思うのも不思議ではありませんが、日本のキャッシング業者ではパスポートや学生証、その他にも健康保険証などを使って借り入れをすることもできるのです。ポイントはちゃんとしたところが発行しているIDだということです。

国や自治体の発行しているものであれば問題なく借り入れをすることができます。健康保険証ならたいていの人は持っていると思いますが万が一ないという人は役所に行ってもらうか、もしくは住民票を取ってくるという方法もあります。住民票も実は身分証明証になりますから、これを持って行ってキャッシングするというのもいい方法だと思います。

住民票でも大丈夫なんですから、わざわざリスクが高い犯罪に巻き込まれるかもしれないようなところに行く必要はないのです。住民票でも健康保険証でも大丈夫なので、免許証をいちいち取りに行かなくてもキャッシング可能なのです。実はキャッシングは免許証以外でも出来るんですが、あまりまだ浸透していないんでしょうね。

もっとキャッシングは身近に簡単にできるものだと知ってもらいたいものです。

運転免許証でキャッシングの申し込みできる

急な出費に対応しなければならず、はやく現金を作らなければならない場合は、消費者金融系のキャッシングカードローンであれば、即日審査で申し込みをしたその日に融資を受けることができます。キャッシングカードローンの申込み方法というと、さまざまな方法で申し込みができますが、一番早く審査結果が出て融資を受けるとなると店頭窓口で申し込みをするのが一番はやく融資を受けることができます。
(⇒銀行の場合は即日は厳しいの?

ただし、店頭窓口での申込みとなると平日の日中しか営業をしていません。そのためサラリーマンの方など日中仕事をされている方は、なかなか来店することができません。そのような方でもパソコン、ケータイ、スマートフォンからであればインターネットで申し込みができます。

インターネットからの申込みであれば、24時間365日いつでもどこでも申し込みできますので、忙しい方でも空いている時間帯に申し込みをすることができます。申し込みに必要な書類ですが、運転免許証などの本人確認書類が1点あれば申し込めます。原則本人確認書類1点あれば申し込みできますが、審査内容によっては源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書を求められることがあります。基本的になくても申し込みできるのですが、提出を求められることもありますので、あらかじめ準備しておいて損はありません。(参考ページはこちら→キャッシングを使う為に必要になる事

インターネットから申込みをすると、最短30分程度で審査結果がメールまたは電話にて連絡がきます。そして、必要書類をメール添付して提出してあとは最終的な審査結果がくるのを待つだけです。審査結果、融資が可能であれば契約手続きになります。契約手続きもインターネット上で手続きができます。そのため来店する必要がありません。融資についても、銀行口座を登録しておけば、口座に融資金額を振込してもらえます。来店しなくてもキャッシング申込みから審査、書類提出、契約、融資まですべてインターネット上で完結することができるので便利です。
(⇒すぐに融資を受けたいなら分からない事はどんどん聞こう