無収入です。笑ってしまうくらいに無収入です…。大学を出て三年、すぐ結婚し、ずっと夫の実家に住んでいます。対外的には無職ってことになるんでしょうか。一応、毎日やることはあります。家事もしてますし。夫の実家が事業をやっていて、その経理なんかを手伝っています。社員さんが何人かいるので、私が専門的にできる仕事がなく、給料を払うほどじゃないと言われているからなんです。

でも最近、夫が経営の実権を握るようになってきて、それなりに給料を出すべきだっていう話を義理の両親にしてくれています。私もその方がありがたいです。友人と気兼ねなく遊びに行けるし、それに、近々高校時代の親友の結婚式があるんです。そのお金を夫や義両親に借りるのも嫌ですし。給料がもらえるならそれも自分のお金で準備ができそうです。

でも給料をもらうまでに間に合わなかったら、お金を何とかしなくちゃいけないんです。学生時代にちょっと使っていたキャッシングを考えているんですが、今は無収入(収入がある証明ができない)ので借りられませんよね。でも新しい会社と契約できるわけでもないし…。今の状態でキャッシングは可能ですか?無職や専業主婦じゃ審査に通りませんよね?

専業主婦ならキャッシングできます!諦めないで!

それだけ働いて無収入なんですか……?と他人事ながらぽかんとしてしまいました。経理を手伝っているなら立派なお仕事じゃないですか。義理とはいえ実家のことだからお金が発生していないと思ったら駄目ですよ、請求すれば今までの分ももらえるはずですから、必要なら請求して下さいね。と、それはまた別件ということにして……。

キャッシングのことですが、現在でもご主人がいらっしゃるようですので、今の状況でも借り入れや契約が可能です。と言うのも、現在は専業主婦もその家庭(世帯)に返済能力があれば、無収入とみなされても世帯からの返済が可能なため、キャッシングの契約ができるようになっているんです。難しいという噂もありますが、過去にトラブルがなかったのならおおむね大丈夫ですよ。

むしろ、学生時代に使っていたカードをそのまま使うより、新しく契約してしまっても良いかもしれません。今は専業主婦がお得に使えるキャッシングカードもたくさん出ています。特定のお店で買い物をするとポイントが貯まりやすかったり、公共料金の引き落としに利用するとまた別のポイントが貯まったり、場合によっては買い物をした時に数パーセントの割引があることも。

先にも言いましたが、世帯に収入があれば(ご主人に収入があれば)返済能力があると認められます。ご主人に特に確認が行くこともなく、速やかにキャッシング契約が終了することがほとんどです。お給料を確実にもらえる日がお友達の結婚式より遅くなりそうなら、こちらを利用してみると良いでしょう。今は審査も早いので、すぐに申し込みをすればほぼ大丈夫ですよ。
(⇒融資審査に通る為の条件について

申し込む時は専業主婦で、その後にお給料が発生すれば会社員やパートという社会的身分になりますが、この変更も問題ありません。有職から無職になるよりずっと良い変化です。もし変更があったら、個人情報の変更の申し込みだけはしておきましょう。個人情報はたまに見直して、変更があったらすぐに変更申請をするようにして下さいね。大事な信用情報なのですから!

無収入でもキャッシングを利用できる方法とは

キャッシングとは、お金を融資してもらうサービスのことをいいます。日々の暮らしの中で、何らかの急な出費を余儀なくされるときがあると思います。そんなときにキャッシングの利用を考える人が多いようです。キャッシングは、融資する側とお金を借りる側の信頼関係が必要不可欠となります。そのため、審査を受けなくてはお金を借りることができません。

審査はお金を融資する側には欠かせないものです。審査をすることでその人の信用を調べることができます。お金を融資する側としては、その人が最後まできちんと返済してくれるかどうかを判断する必要があります。その人に返済能力があると分かれば、もちろんお金を貸すことができます。しかし返済能力がないと判断した場合には、お金を貸すことができません。

無収入の人の場合は、定期的な収入がなく返済能力がないと判断されてしまいます。失業中の人や専業主婦、学生などは返済能力がないと判断されるため、審査を通ることが難しいのが現状です。収入のない人こそキャッシングを利用したいと考えるでしょうが、返す当てもなくお金を借りるのは非常に厳しく困難になるようです。

また、2010年に総量規制という多重債務を防ぐ改正賃金業法ができてからは、さらに借入が難しくなりました。総量規制とは、借入残高が年収の3分の1を越える場合は新規で借入することができないということになります。つまり無収入の人の場合は、安定した収入がないのでお金を借り入れることができないということなのです。

しかし、そんな総量規制にも対象外があります。専業主婦の場合は配偶者の年収証明ができれば借入することが可能です。また、銀行系キャッシングなら銀行法によって総量規制対象外となりますので、規制を受けることがありません。銀行系なら信用もありますし、安心して借入することができるでしょう。

銀行系で借入するメリットは他にもあります。銀行は他の消費者金融に比べて低金利なのが特徴なのです。金利は低ければ低いほど返済金額が少なくて済みます。そして借入の限度額が高いのも魅力の一つでしょう。このように規制を受けない銀行系の場合は、専業主婦の人だけでなく多重債務者でも借り入れすることができるのです。