ちょっと生活費が苦しくなっています。会社が傾いているとかそういうわけではないんですけど、小規模な会社なので、納品先の都合や支払いの日がずれたりすると給料が遅配になっちゃって…。仕事は楽しいのでいいんですが、小規模だとそういうところが凄く困ります。もうちょっと会社が軌道に乗れば改善されると思うので、それまでの我慢なのは分かってますが、こういう時は結構辛いです。

でも生活はしなくちゃいけないし、何はともあれ家賃だけでも…って気分です。ご飯なんかは節約しても何とかなりますけど、家賃だけはそうもいかないですから。滞納が続くと追い出されるって言うし、それだけは避けないといけないですよね。給料がちゃんと出ればすぐ返済できるので、それまではキャッシングして家賃を都合します。

困ってるのは、私は身分証明書がないんです。会社が小さいので社員証もないし、社会保険がないので保険証もないです。運転免許もないし…。キャッシングの時って本人確認書類がないと無理って聞いたことがあります。でも本当に何も持っていないので、どうしたらいいのか分かりません。さすがにお店のポイントカードとか電車のICカードじゃ駄目ですよね…?
(⇒小さな会社でもお金って借りられる?

役所へ行って申請しよう!住基カードが便利ですよ!

小さい会社だと色々と大変なこともありますが、将来性などを考えると楽しくなってしまいますよね。今は不安定かもしれませんが、大きく飛躍する日を夢見てぜひ頑張っていきましょう。しかしお金のことは深刻ですね。確かに食事は何とかなっても、家賃の滞納となると笑えません。一度滞納すると払いきれなくなっていく代表的なお金が家賃なのだとか…。ここはしっかり支払いができるようにしましょう。

キャッシングで家賃などの必要経費の急場をしのぐ人は多いです。その時に大きなお金を一気に支払い、返済を分割して計画的に行えることがキャッシングの強みでしょう。こういう時には緊急避難的に利用していきたいですよね。

しかしキャッシングの契約には、必ず身分証明書が必要です。例外はありません。身分証として有効なものは運転免許証、パスポート、保険証が代表的ですが、そのどれもお持ちでないとなると他のものが必要ですね。流石にポイントカードやICカードでは無理です……。

じゃあどうすればいいの、と絶望されそうですが、ちゃんとした身分証は誰でも手に入れることができます。住基カードをご存じですか?役所に行けば誰でも発行してもらえる(自治体によって手数料が数百円かかる時があります)、公的な身分証明書です。写真入りのカードを作ることもできますので、他の時にも活用できるよう、写真入りを発行してもらった方が良いと思います。

この住基カードは役所が公的に発行してくれるものですので、運転免許証やパスポートなどと同じ役割を果たすことができます。キャッシングの契約だけではなく、生活の中で身分証の提示が必要な時にはこれ一枚で大丈夫です。

何かと便利なものですし、何より、一枚も身分証を持っていないということは大変不安なことです。万が一の時のためにも、住基カードの取得をオススメします。取得は一時間もかかりませんので、役所へ行って聞いてみて下さいね。
(⇒融資での不安は分からないままにせずに聞いてみよう

本人確認書類の提出がないキャッシングは違法業者の可能性アリ

キャッシングの審査では本人確認を必ず行います。申し込みがあると本人確認書類に基づき、実際に本人の利用であるかを確認しています。これは法律で定められたもので、確認がない場合はヤミ金など違法な業者とみてよいでしょう。この本人確認書類は写真の有無は関係なく、確実に本人であることが証明できるものであればOKです。代表的なものは運転免許証やパスポートであり、その他に住民票のコピーや外国人登録証明書、官公庁が発行する証明書、保険証などでも申し込みは可能です。

キャッシングの申し込みで提出することが多いのは運転免許証ですが、もし免許がない場合は保険証が求められます。パスポートに関しては海外旅行の経験がある場合は所有しているものですが、所有率の観点からみると運転免許証と保険証です。その中でも保険証は会社員や公務員であれば社会保険や公務員共済などがあり、個人では国民健康保険に加入しています。誰もが確実に持っているのが保険証でもあるのです。

運転免許証や保険証には一人ひとりに固有の番号が存在しています。住所・氏名が載っており、番号を控えることで確認用の情報としています。交付年月日と再発行の有無を特にチェックし、不自然な点があると、関係機関に問い合わせすることで本人を確認しています。このチェックを容易にするのも本人確認書類の番号です。銀行や証券会社で口座を開く際は本人確認書類に加えて、公共料金などの明細書などの提出も必要となることがあり、ダブルチェックで本人確認を行っています。

キャッシングに関しては高額借入の希望でなければ、該当する本人確認書類一つで可能です。在籍確認を不要としているもの、収入証明書の提出がないものは総量規制や設定されている条件によって存在していますが、本人確認だけは、どのキャッシングの申し込みであっても必要とされるものです。提出されたものによっては審査に時間が掛かることもあり、二つ以上の書類の提出を求める場合もあります。通常はいずれか一つで対応しています。

【参考ページ】
融資審査で必要になる物を用意しておこう