小さいながら会社を経営しています。会社と言っても祖父の代から続いている小売店ですので、地元の人には「会社」というイメージではないかもしれません。長年地元の人にごひいきにして頂いて大変ありがたく思っております。祖父も父も頑固な人でしたが、今はすっかり丸くなり、私のいわゆる「今風」のやり方にも理解を示してくれています。

しかし、その今風のやり方が少し準備金を必要とするものでして。こうなると、赤字は出ていないながらも潤沢とは言いがたい経営状況の中で資金繰りをするのは少々大変です。そこでキャッシングをして事業資金に使おうと思っているのですが、そこでちょっとした疑問、心配が生まれています。私は小さいながらも会社経営者ですので、審査が厳しくなるということはないのでしょうか?

会社員でしたら、会社の名前や正社員という身分で信用が保証されますよね。しかし私のように、小さな会社の経営者だと、そうもいかないような気がするんです。普通の会社員がキャッシングの申し込みをする時と違った、別の書類なども必要になるのでしょうか?もしそうでしたら、そういった書類はどこで入手できるかなと、教えて頂ければ助かります。
(⇒職業によってそんなに融資審査結果が変わるの?

社会的身分よりも会社の体力!返済能力が重要です!

三代も続いているなんて凄いですね!一体どんな業種なんでしょうか。私のように祖父の代から会社勤めの家の人間だと、ご家族で続けて行くご商売ってすてきだな~と思ってしまいます。色んなご苦労もあるとは思いますが、これからも続いていくと良いですね。地域密着型なのも自営ならではでしょうか。地元の人たちもきっと愛着があるお店になっているでしょう。

お祖父さんの代からだと、今を担う世代とは少し違う考え方になる部分もあるでしょう。それを理解してくれているのはすごいことですね!それなら「今風」を頑張って成功させていきたいものです。事業資金にも使えるキャッシング商品はたくさんありますので、条件に合うものを選択して決めていって下さいね。

会社経営者がキャッシングをすることは珍しくありません。特に事業資金という名目であれば、経営者でなければ「?」という顔をされてしまうほどです。もし事業資金でなく、個人的にプライベートでキャッシングをしたいと言う時は、社会的身分よりも返済能力が重要視されます。この返済能力は「会社に体力があるかどうか」が見られますね。

会社に体力があるかどうかを知るには、その金融機関独特の審査基準があります。しかし大体は資本金や前年度の純利益など、分かりやすい数字を見ることが多いようです。今は資本金1円でも会社が作れる時代ですが、あなたは三代続いている会社の経営者ですし、長い歴史を持つ分、信頼度も高くなるでしょう。地域密着型のお仕事はこういう利点がありますよね。

普通のキャッシング契約と違った別の書類というものも特に必要とはされません。ただ、事業資金としての用途なら、それなりに大きい金額になるのでしょうか?一定の金額(これは商品によって違います)以上のキャッシングを希望する時は、収入証明書を要求される場合があります。前年度の源泉徴収票などが代表的ですが、これも金融機関によって求める形式が違いますので、ケースバイケースで対応していきましょう。

他にも面倒なことがあるかな?と考えてみましたが、特にないようです。今は信用さえあれば、それほど難しい手続きを必要とされることのない時代です。合理的と言えば合理的ですね。これからもご家族でお仕事頑張って下さいね!

会社経営者が作るキャッシングカードはビジネス向けを選ぼう

会社経営者が作るキャッシングカードは、個人向けのものではなくてビジネス向けのものを選んだほうが良いです。キャッシングといえば消費者金融がサービスを提供しています。「消費者」というのは、一般的な個人を指し、会社として借りる場合とは区別されることが多いです。

会社経営者であっても、もちろんですが個人で借り入れをするのは特に問題はありません。ただし、個人で契約をした場合には、借り入れのできる金額があまり大きくないというデメリットがあります。それは総量規制が適用されるからです。

総量規制では、個人向けの無担保の融資は、その人の年収の3分の1までと定められています。ですから、たとえば年収1000万円の人なら、333万円くらいまでしか借りることができません。個人として利用するのなら特に問題はないでしょうが、会社として借りるには、これくらいの金額なら不十分でしょう。

会社としてキャッシングカードを作る場合、総量規制は適用されません。ですから、こちらの場合には年収の3分の1といった規制はないのです。実際に融資をしてくれる金額については金融機関側が定めますから、実際に借りることができるのかどうかはそれぞれのケースで異なりますが、少なくともj個人で契約をするよりも多く借りることはできるでしょう。

ビジネス向けのキャッシングカードにはいくつかの種類があります。法人でないと契約ができないものもあります。会社経営をしていれば法人格を取得しているでしょうからこのようなサービスを利用すればよいです。しかし、個人事業主の場合には、法人格がありませんから法人向けのサービスは適していません。この場合であっても、個人向けのサービスで個人事業主として契約をすれば総量規制が適用されません。そのためには個人事業主として開業届けを出しているなどの要件は満たさなければなりませんが、多く稼いでいる人ならこの方法で総量規制を避けることができます。