とてもじゃないけど納得がいかないことに直面しています。本当に有り得ない話です。先日、お金の都合をつけなければいけなくなったので、大手の消費者金融に契約を申し込みました。自分で言うのも何ですが、過去にキャッシング経験は一切ありません。大きな買い物をする時はショッピングローンを利用していましたし、一般的にローンの一種とされる奨学金の返済や携帯電話の使用料金の支払い遅れもありません。

つまり、いわゆるクレジットヒストリーは大変綺麗なものであると言えます。しかし今回、本当に納得がいかないんです。全く心当たりがないのに、申し込みを却下されたんです。しかも一社だけではなく、三社同時に断られたんです。慌てて自分の過去の金融取引関連を調べましたが、やはり心当たりはありません。明らかに消費者金融側の間違いです。ブラックのようなものだ、と詳しい友人に言われ、愕然としています。

一度も取引をしたことがないのにブラック扱いとはどういうことでしょうか。今までお金に関してはプライドを持って綺麗に利用してきたので納得がいかず、プライドも傷つけられています。消費者金融側に問い合わせをすれば説明してもらえるでしょうか?今後の私の信用情報にも関わりがありますので、お手数ですが、ぜひご回答頂けますようお願いいたします。
(⇒分からない事はどこまで教えてもらえる?

複数の会社に同時申し込みはアウト!ブラックになります!

文面からかなりのお怒りが伝わってきます。なるほど、心当たりは全くないようですね。過去にも返済の延滞がないのなら余計に訳が分からないし、不安にもなるかと思います。信用情報に傷がついている可能性があるとなれば当然の反応でしょう。ただし、消費者金融側の間違いかどうかは今の時点では分かりません。

お話をお伺いするに、これはもしかすると消費者金融側の間違いではなく、正当な理由によって取引を断られた可能性がなくはありません。むしろ断られる原因があったと私は考えます。取引を断られる理由は各社によって様々ですが、どの金融機関でも実は共通する理由もあるのです。そしてあなたはその理由に抵触してしまっています。(参考ページはこちら→融資審査の目安について

三社に同時に断られたということは、三社に同時に申し込んだと言うことですよね?実はこれ、絶対にアウトなんです。あまり知られてはいないことなのですが、これが原因で取引に至らず、「申し込みブラック」として信用情報機関に登録されることが多い現象です。あまりキャッシングについて経験がない人ほどやってしまいがちなミスと考えて下さい。

同時に数社申し込むということは、どの金融機関も良い顔をしません。「急にそんなに大金が必要なのか?」と心配になってしまうんですね。そういうお金の借り方をあなたがするというわけではありませんが、過去にそんな人がいて、結局返済できないことになってしまった……というケースを金融機関側が経験しているわけです。

お金の貸し借りはビジネスですから、返してもらわないと金融機関側も困ってしまいます。返済が確実にできるかどうかを見極めるため、条件として「複数の会社への同時申し込みをしない」という審査ポイントを設けています。あなたの場合、今回はここに引っかかってしまったのでしょう。

この申し込みブラックの情報は信用情報機関に残されます。しかし半年後には綺麗に消えてなくなりますのでご安心下さい。過去のクレジットヒストリーには全く関係なくなりますし、誰が照会しても存在しないデータです。半年したらまた、今度は一社ずつ申し込んでみて下さいね。

キャッシング利用の可能性を遠ざけるブラックとは何か?

私たちの暮らしは常に無数の出費の機会に満ちています。日々の生活費や子供の養育費、家族一緒に過ごすリクリエーション費や国内や海外への旅行費、それにお気に入りのブランドアイテムの購入費に至るまで、お金さえあれば手に入れることのできるものは数限りなく存在します。そうしたひとつひとつの必要性や願望を充たすためにも、もしもお金が不足した時には迅速にそれを埋め合わせる助けが欠かせません。

もちろん、友人や親からお金を援助してもらうという方法もありますが、これだとどうしても後々の関係がこじれかねません。そのような事態を回避するためにも、あくまで自己責任のもとでお金を調達できるキャッシングサービスの活用は極めて役に立つライフラインと言えるでしょう。

銀行や消費者金融で利用できるこのキャッシングですが、主にインターネットや電話を使って申し込みを行い、融資が許可されると銀行の預金口座に希望額が一括振り込みされることになります。ただし、このキャッシングを受けるためには金融会社による入念な審査を受けなければなりません。審査では氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの項目がチェックされ、なおかつ信用機関への照会を通じて申請者がブラック入りしていないかどうかを確認します。(参考ページはこちら→信用機関ってどんなところ?

このブラックとはつまり、過去の借り入れにおいて著しく信用を貶める履歴を残した者が編入されるリストのこと。もしも利用者が返済不能に陥ったり、月々の返済が遅れたり、あるいは短期間のうちに複数の借り入れ申し込みを行ってこれに落ちると信用機関に報告が入り、そこでの登録内容にこのブラック情報が刻まれます。一度こうしてブラック入りすると5年から10年の間そのまま消えないと言われています。

銀行や消費者金融では申請者が信用機関でブラック処理されていることが分かると問答無用でキャッシング不可の結論を下す場合が圧倒的に多いのが通常です。もしも過去にブラック入りしたことがあるならば、自分の履歴が消えたころを見計らってから申請することが望ましいでしょう。