私は事情があって水商売をしているの。この業界って、確かに儲けはいいんだけど、身なりに気を遣わなければいけなかったり、持ち物にもこだわらなければいけなかったり、予想外の出費があるものなのよね。今回、そういうことが重なってお金を借りないとやっていけないかな、と思い始めたの。

だけど、正直言って一緒に働いている子たちはライバルみたいなところがあるでしょう。それに、お客様に知られるのも問題があるのよね。だから、勤務先に連絡されるのはちょっと困るのよ。キャッシングしたら、やっぱり勤務先に連絡があるものなのかしら。

キャッシングをする場合、勤務先に連絡はあります

キャッシングをする場合、勤務先への連絡は必須としている会社がほとんどなのよ。キャッシング会社にとってはその人に収入があるかどうかって、すごく大切な情報なのよね。だって、収入がない人にお金を貸したとしても、返してもらえるとは思えないものね。そのために審査があって、その審査は貸したお金を返してもらえるかどうかを判断する大切なものなんだけど、判断は書類に書かれた内容をもとにするしかないの。

となると、書類に書かれた内容が嘘だとしても調べようがないということになるのよね。だから本人確認の電話をしたり、特に収入に関する部分として本当に仕事をしているかどうかを確かめるために勤務先に連絡をしたりするのよ。勤務機への連絡はそういう意味を持つものだから、残念ながら勤務先に連絡をしないでキャッシングを利用できるというのはちょっと考えにくいわね。

でも、キャッシング会社は、勤務先に連絡をする時に会社名を名乗ってキャッシングの審査だとわかるような電話のかけ方をすることは無いから安心してね。個人名での連絡だったりするから、それがきっかけで職場にキャッシングの利用が知られることは無いのよ。そうは言っても、不安だと思うこともあるかもしれないわね。確かに、あなたのように職場の環境によっては連絡をしてほしくないと考えるのはわかるわ。

もしどうしてもというのなら、ごく一部のキャッシング会社だけど、勤務先への連絡を他の書類の提出に代えてくれる会社も無いことはないのよ。ただ、そういう会社はかなり限られているのも確かなの。やっぱり、電話をする方が確実ですものね。勤務先への連絡は、心配するような内容にはなっていないから電話をしてもらってもいいとは思うんだけど、どうしてもという場合には他の方法に代えてくれる会社を探すのも一つの方法ね。

キャッシング申込時の水商売の勤務先は気にする必要はない

キャッシングは職業によって借りやすい職業や借りにくい職業があります。水商売はどちらかと言えば借りにくい職業です。申込時は自分が働いている勤務先の情報を記載しなければなりませんが、これによって審査で不利になる可能性があることは覚えておきたい知識です。だからと言って嘘の申告をしても、それがバレてしまうと自分の信用を落とすことになり、今後はさらにお金を借りにくい状況となるので、必ず正しい情報を記載しなければなりません。

まず、どうして水商売はキャッシングを利用しにくい職業なのか?これは色々と推測することが出来ますが、やはり大きな理由は金融会社は暴力団に厳しい傾向があり、その延長だと考えられます。この業界ではお店のバックにそうした団体が絡んでいることが多いのは一般的に誰もが知っている現状です。

では、水商売をしている人がキャッシングを利用するにはどうすればいいのか?これは色々と方法があります。まず、手当り次第に適当に申し込みをしていけば、返済能力や信用情報などに大きな問題がなければ、どこかの会社はお金を貸してくれます。しかし、この方法では手間がかかります。そこで、最初から申込先を在籍確認の無い会社、又は収入証明不要で申し込める会社に絞ると良いです。(参考ページはこちら→収入で融資審査は決まる?

基本的にほとんどの会社は申込者の勤務先を在籍確認からチェックしますが、これは必ず行われる作業ではありません。大抵、大きな金額を借りる場合などはほぼ行われる作業ですが、小口融資なら在籍確認が無い会社も多いです。次に収入証明不要のキャッシングを利用する方法があります。この方法は最初から小口融資となるので身分証明から申し込めて審査も簡単に通ることが出来ます。

ポイントになることは在籍確認によって勤務先を知られてしまうと不利になりやすいので、やはり小口融資ならばお金を借りやすいということです。その方法の一つとして最初から小口融資である収入証明不要の申し込みはかなり効果的だと言えます。