私は秋田県に住んでいます。最近、何かと出費が多くてなんだか生活が圧迫されています。親戚の子どもの入学や進学のお祝いとか、会社関係のお付き合いとか、ちょっとしたことが重なると苦しくなっていくんですよね。それで、もしどうにもならなければお金を借りてボーナスまでの期間を乗り切ろうと思うんです。

私は普段から秋田銀行を使っているので、もしそこでお金が借りられるのならわざわざ新しいところに行くことも無いと思うんですが、秋田銀行でキャッシングすることはできるんでしょうか。

秋田銀行でキャッシングをすることも可能です

秋田銀行には、個人向けのローン商品がいくつかあるわよ。大きく分ければ、例えばリフォームローンや住宅ローン、教育ローンのように何かはっきりとした目的を持って借り入れをするためのローンと、お金の使い道がはっきりしていなくても借り入れができるフリーローンがあるのよ。あなたが言うようなお金の使い方をしたいのなら、3種類のフリーローン商品の中から選ぶことができそうね。

まずはスマートネクストという商品があるわ。これには、カードローン型と一括借入型があるの。カードローン型の場合、一度契約したら利用限度額の範囲で何度でも利用できるし、一括借入型の場合は何度も借り入れができるのではなく、一度借り入れをしたら後は完済するまで返済を続けて行くという使い方をするのよね。だから、今度も使いたいかどうかによってどちらの型にするか決めればいいのよ。

最短であれば即日審査結果を聞くことができ、金利も5.8パーセントから14.8パーセントと低い設定になっているわね。金利は、借入極度額によって変わる仕組みになっているわ。借入極度額は、最大で500万円までね。(参考ページはこちら→融資審査はその日に終わる事も珍しくない?

次の商品がフリーローン「速決名人」よ。この商品は、最短で1時間で審査結果が出るという、借り入れまでの速さを売りにした商品なの。金利は5.8パーセントから14.5パーセントとなっていて、最大の借入極度額は300万円までよ。この商品にはカードローン型はないわ。

最後の商品がカードローン「プライムカード」よ。金利は6.7パーセントから12.2パーセントとなっていて、最大の借入極度額は300万円までよ。これはカードローン型の商品となっているから、繰り返し利用することが可能ね。

この商品の場合、返済用に指定した口座の残高が不足して公共料金などの引き落としができない時に、自動で融資してくれるという機能も付いているわ。ということは、秋田銀行に口座を持っていないと利用できない商品ということになるわね。以上のような商品があるから、秋田銀行でキャッシングをすることも可能なのよ。
(⇒大抵の銀行は融資に対応している?

三菱東京UFJよりも秋田銀行でキャッシングをしたほうが良い人

最近は財布の中にキャッシュカードとクレジットカードと、そしてキャッシングのカードを持っている人が増えています。キャッシングは、それだけ一般にメジャーになってきました。カードを持っていても、使うか使わないかは本人の自由です。もし使う場合には、コンビニのATMなどに行って、お金を引き出すだけです。もちろん借金ですから、お金を返さなければなりません。返済もコンビニのATMからできるので、とても便利なのです。

さて、もしキャッシングを申し込む場合は、どの金融機関に行けばよいのかという問題があります。たとえば秋田県民の場合、地元の秋田銀行に申し込むのが良いのでしょうか。それとも、大手の都市銀行である、例えば三菱東京UFJ銀行に申し込めばよいのでしょうか。

テレビや雑誌などを判断基準にすれば、地銀よりも大手都市銀のほうが、何か良い感じはします。でも、それは単なるイメージですね。どちらが良いかというのは、本人が普段どちらの銀行と、より多くのお付き合いをしているかによります。つまり、あなたの信用力を、どちらの銀行のほうがよく理解しているかによるのです。

キャッシングに申し込んだら、当然、審査はあります。借金ですから、誰とでも契約してくれるわけではありません。また、借りに審査に合格したとしても、いくらまで貸し付けをするかなどは、本人の信用力の高さに比例します。審査に合格するためにも、合格後に少しでも有利な条件にしてもらうためにも、より自分の信用力を理解している銀行に申し込むべきなのです。あなたと普段からお付き合いの多い銀行は、あなたの信用力を理解しています。しかし、あまりお付き合いのない銀行は、あなたが信用できる人なのか、普段の取引からでは判断できません。判断できなければ、最適減の貸付から始まる可能性はあります。

秋田銀行と三菱東京UFJ銀行。比べた場合に、どちらの口座をより多く利用していますか。多いほうに申し込みましょう。