私は派遣社員ですし、年収があまり高くないと自分で思っています。そんなこともあって、例えば服を買ったり靴を買い替えたり、そういうことが続くとお金が厳しいなと思うこともあるんですよね。でも、さすがに古くなったものを平気で使うのもどうかと思うんで、必要な時には買い替えるしかないですよね。それで、そういう時に備えてお金の借り方について今調べているんです。

でも、いくら借りられるかは審査結果によるとかなっているし、結局のところどういう決め方がされているのかよくわかりません。年収によるキャッシング金額の決め方ってどうなっているんでしょうか。

目安となるのは年収の3分の1という数字です

質問者さんが考えていらっしゃるように、年収によって借り入れできる金額は違ってくるのよ。こういう言い方をするのもどうかとは思うんだけど、どうしても給料が多いほど返済に回せるお金が多くなるというのは本当のことよね。だから、キャッシングの審査では年収がどれくらいかということは重要視される項目の1つになっているのよ。

もちろんそれだけじゃなくて、最終的にはそれに職業や勤続年数、職場の規模、勤務形態などを考慮して融資額が決まることになるんだけど、多く借りられたとしても年収の3分の1の金額くらいになるのが一般的なのよ。キャッシングをする時に借り入れ先として消費者金融を選んだ場合、年収の3分の1の金額を超えてお金を借りることは法律の関係でできなくなっているの。だから、3分の1が目安になるということなのよね。

では、借り入れ先が銀行だったらどうなるのかと思ったかしら。銀行の場合は従う法律が違うから、さっきの年収の3分の1までという制限はないんだけど、お金を借りた人が生活費などにもお金を使わなければいけないことを考えると、これ以上貸すと返せなくなるラインというものはあるわよね。
(⇒銀行と消費者金融では大きく異なる?

そもそも、消費金融が従うべき法律で年収の3分の1までと決められている意味を考えてみたらわかるんだけど、この法律による制限はもともと多重債務者を増やさないことを目的として法律改正の時に入れられた内容なの。つまり、これくらいの金額までだったら返済は可能だろうと見越して年収の3分の1というのを基準としたわけね。

この3分の1は、他の会社から借り入れをしたものも含めて、合計額がそれ以下になるようにしなければいけないということなのよ。だから、銀行のキャッシングの審査も、だいたいこれくらいを目安にしていると言われているわ。そうなると、年収によってどれくらいまで借りられるのかを考えるのなら、最大で自分の年収の3分の1までと考えたらわかりやすいわよね。

でも、最大で、ということに注意が必要なの。最初からいきなり最大限の融資をしてくれるキャッシング会社があるとは考えられないのよね。だって、本当にお金を返してくれるかどうかは貸してみないとわからないものね。審査自体、お金を返す能力があるかどうかを確かめているんだものね。だから、最初は最大の金額よりも低めの限度額にしておいて、きちんと返済できるとわかったら限度額を上げるというやり方をしている所が多いのよ。

つまり、初めての借り入れの時は特に、自分の年収の3分の1よりも低めの金額が利用限度額になると考えればいいわね。

年収によるキャッシング金額は3分の1まで

消費者金融系のカードローンの限度額は、年収によって最大で借入ができる金額が決まります。消費者金融などの個人向けに貸し付けを行う貸金業者は、貸金業法によって最大の融資金額が制限されています。年収によるキャッシング金額は、年収の3分の1以下まで制限されています。ここでの年収とは、手取り金額ではなく税金を引かれるまでの総所得金額になります。

例えば、年収が600万円の人は最大で借り入れができる金額が200万円までです。これは、1社200万円までではなく取引のある貸金業者すべての合計での金額となります。A社で150万円の借入があれば、B社で申し込みをすると最大で50万円までしか借り入れができないことになります。年収の3分の1なので600万円の方は200万円が最大金額ですが、カードローンの申込みをしたからといって必ず200万円が借りれることではありません。最大で200万円だけだということであり、その上限金額の中でいくら借り入れができるかは、各カードローン会社の審査基準によります。

そのためいくら年収が高い人であっても審査の結果しだいでは10万円しか限度額がでなかったり、まったく融資ができないこともありますので、これだけは審査の結果次第になります。年収を超えるキャッシングをするにはどうすればよいかというと、銀行系のカードローンに申し込みをすることです。

銀行系のカードローンは、総量規制の対象外ですので年収の3分の1の規制はありません。そのため年収以上も借り入れができる可能性もあります。消費者金融では年収以上の借入は絶対にできないのかというと、そうではありません。おまとめローンであれば、年収以上の借入をすることができます。

貸金業法に基づいた借り換えやおまとめであれば、複数ある借金をひとつにまとめることで完済を目指す目的ですので、年収の3分の1以上に借入することも可能で、かつ低金利で融資を受けることができます。