私は今2つの会社からキャッシングをしています。でも、どうしても借りたお金だけでは足りそうになくて、どちらかの会社からさらにお金を借りたいと思ってます。というのが、今住んでいるところでちょっとトラブルがあって、引っ越ししたいからなんです。引っ越しとなるとかなり費用が掛かりますから、お金を借りないと足りないと思うんです。

でも、年収額の3分の1を超えるとキャッシングが停止されると聞いて、迷っています。今の借り入れ金額と、引っ越しのために借りたい金額を足すと年収額の3分の1を超えそうなんですが、そうなると利用が停止されるというのは本当なんでしょうか。

借り入れ先にもよりますが、停止されることがあります

この年収額の3分の1を超えるとキャッシングが停止されるという話はどこから来ているのかというと、貸金業法という法律が改正された際に新たに定められた総量規制に基づいてのものなのよ。この決まりによると、融資できる金額は年収の3分の1までとなっているの。だから、年収の3分の1を超える金額を貸してしまうと、法律違反ということになるわけね。それが、年収の3分の1を超える場合はキャッシングが停止される理由なのよ。

あなたのように複数の会社から借り入れをしている場合は、両方の借入額を合計した金額が年収の3分の1以内でなければいけないの。別々の会社がどうやってそれを確認しているのか不思議に思うかもしれないけれど、借り入れに関することは信用情報機関に情報が載せられていて、お金を貸す際に照会することができるからなのよ。だから、別々の会社から借りても金額が合計されることになるのよね。

でも、最初に借り入れ先によっては年収の3分の1を超えるとキャッシングが停止されると言ったように、この制限があるのは消費者金融だけなの。貸金業法は貸金業者が守らなければいけない法律だから、関係してくるのは消費者金融からのキャッシングということになるのよね。

じゃあ、銀行や信販会社からキャッシングするのならこれは関係ないのかというと、確かに法律違反にはならないんだけど、返済できるかどうかという視点から考えてもあまり高額のお金が貸せないのはわかるわよね。だから、場合によってはそれ以上借りられないという状況が出てきても不思議ではないわ。
(⇒総量規制なしの融資を受けるには

それなら、一度キャッシングが停止されたらそのままなのかというと、そんなことは無いのよ。返済をして年収の3分の1よりも借入金額が低くなったら、再び借り入れができるようになるわ。

キャッシングが年収額の3分の1を超えると融資停止となる理由

日々の生活の中でどうしてもお金が不足してしまうケースはよくあるもの。自動車ローンや住宅ローンによって生活が苦しくなったり、毎月の家賃や子供の習い事、さらには家族揃っての田舎への帰省旅行費や怪我や病気に伴う治療費などに至るまで、ここぞという時に外せない出費は以外と数多く存在します。そのひとつひとつに誠実に対応していくためにも、お金の不足に見舞われたならば消費者金融のキャッシングを活用することで便利に埋め合わせる音が出来るでしょう。

そもそもキャッシングとはインターネットや電話などを使って融資申請を行い、それが叶うと銀行の預金口座に必要額が一括振り込みされるという仕組みの借り入れ方法です。手続きが簡単で、融資も驚くほどスピーディーなことで知られて、本日中や明日にお金が必要な時にだって余裕を持って融資契約を結べます。

キャッシングを利用するには審査を受けなければなりません。審査の際にはまず、申請時に記載した氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの項目に関する入念なチェックが行われます。さらに信用機関への照会を通じて過去の借り入れにて返済事故を起こしていないか、ブラック入りしていないかの確認を行います。また、この時、信用機関の情報には現在の他社からの借り入れに関しても情報が出揃っており、その合計額が年収額の3分の1を超えていることが判明すればキャッシングは即刻停止となります。
(⇒ブラックリストではお金って借りられない?

というのも、消費者金融が遵守しなければならない貸金業法の中では融資額の限度としてこの年収の3分の1までと設定しており、それを超える貸し付けは利用者を返済不能に陥れる可能性があるとして認められていません。それゆえ、信用機関でこの基準を超えることが確認された時点でキャッシングは停止されるというわけなのです。

また、現在の借り入れを少しでも返済するとその情報が信用機関でもしっかりと共有され、限度額までの差額分だけ再び借り入れ枠が復活することになります。こうした基準を遵守しながら便利に借り入れを続けていけるためにも、自らの借入額の総額は常に把握しながら、計画的に利用することが求められます。

【参考ページ】
融資を受けるには条件を満たさないといけません