キャッシングをするのは初めてでよくわからないので教えて下さい。キャッシングをする時には利息がかかるのはもちろん知っているんですが、それ以外にも必要なお金があるのかどうかを知りたいと思っています。キャッシングをする時にはATMが使えたり、返済の時にもATMや銀行振り込みが使えたりするそうですが、その時に例えば銀行手数料のようなものが掛かったりするものなんでしょうか。

どこで借りたかにもよりますが銀行手数料がかかることもあります

キャッシングをしたいとき、お金の受け取り方は例えば口座振り込みであったり、ATMで借り入れをする方法であったり、いくつかある中から選ぶことができるわよね。それから、返済もATMでできたり、銀行振り込みや口座引き落としなどでできたりするのよね。この過程で、ご質問の銀行手数料が発生する可能性があるのよ。

例えば、借り入れをする時にお金を引き出すごとに手数料が掛かる場合もあるし、無料でできることもあるの。それから、返済の時にもATMを利用する時に手数料が掛かったり、銀行振り込みの際に手数料が掛かったりする可能性があるわね。でも、この手数料の取り決めは、キャッシング会社ごとに全然違うものなのよ。

例えば自社のATMを利用すれば手数料は無料だけど提携ATMを利用した時には手数料が発生するというキャッシング会社もあれば、提携ATMを使った場合でも手数料が発生しないというキャッシング会社もあるわ。だから、借り入れ先を選ぶ際には、金利だけではなく手数料のことも頭に入れて選ぶといいということね。

特に、繰り返し借り入れをしたり返済をしたりする可能性のある人は、手数料が掛かる方法で借り入れや返済をしてしまうと利息以上に手数料が問題になることもあるのよ。例を出してみると、借入金額が1万円以上になると手数料が200円程度かかるところもあるのよね。そうなると、借り入れをして返済をしただけで利息以外に400円の手数料を払わなければいけないことになってしまうの。
(⇒利息も含めて一度計算をしてみよう

こう考えると、この金額が思った以上に大きいことがわかるわよね。同じキャッシング会社でも、選ぶ借り入れや返済の方法によって手数料が掛かったりかからなかったりすることもあるから、極力手数料が発生しない方法で借り入れや返済を行うか、最初から手数料がかからないキャッシング会社を選ぶかすると、よりお得にキャッシングができるというわけね。

キャッシングを行うときには利息と銀行手数料を考える

キャッシングサービスを利用する人は増えています。日本では5人に1人の割合で利用しています。上司から急に誘われて手持ちがないとき、子供の教育費、冠婚葬祭の参加費用が足りないときといったときに、現金がない場合に利用ができます。金銭問題を解決することができます。企業と正式な契約によって、金銭的なやり取りを行うので安心感があります。また、即日融資や即日審査に対応している企業が増えているので、利用者としても借入がしやすいです。

初めてキャッシングサービスを利用する場合には、金利、審査スピード、手数料、審査基準といった知識を身につけておきましょう。企業の選び方としては、テレビコマーシャルを毎日行っているような大手企業を選択します。認知度が高く、信頼と実績を兼ね備えています。利用者数が多いので、それに伴ってサービスの質もいいのです。利用をするときには、利用者の状況によって企業を選択する必要があります。大手企業は複数あるので、比較と検討を行って決めましょう。
(⇒審査基準はどんな感じになっている?

申込方法は企業によって異なります。インターネットと無人契約機から申し込みをするのが主流です。インターネットを使うことで、外出できない人や時間がない人でも手軽に申込できます。無人契約機は昔からある方法で、タッチパネル方式で直感的な操作ができます。申し込みをするときには、必要な情報と書類を企業に渡します。企業の審査をうけて、返済能力があると判断されれば、融資を受けれます。

融資を受けるときには利息と銀行手数料に気をつけましょう。利息は、借入を行った日から発生します。長期間借入をすれば、その期間だけ、利息も上がっていきます。銀行手数料は融資と返済を行うときに発生する手数料です。取引の回数を決めることで、手数料も抑えることができます。元金以外に利息と銀行手数料も支払う必要があるので、借入をするときには意識をしておきましょう。借入のコツは、利息と銀行手数料を少しでも抑えることです。