私は無職の専業主婦です。子どもが生まれるまでは仕事をしていたんですが、子どもがいると働きにくい不規則な時間帯の会社だったため、子どもが生まれる前に退職しました。子どもがもう少し大きくなったら今度はパートでも探そうと思っているのですが、今はまだ小さいので難しいんです。でも、今になってお金に困っています。子どもが生まれるといろんなものを揃えないといけませんし、けっこう物入りなんですよね。

ちょっとずつの出費が重なって、生活費が圧迫されています。お金を借りることができたらボーナスで何とかなるんですが、一人で働いてくれている主人にお金を借りる手続きをしてほしいというのはちょっとい言いにくくて。それで自分で借りられたらいいなと思うんですが、無職の私がキャッシングを利用することができるんでしょうか。

借り入れ先を選べば無職の専業主婦なら借り入れ可能です

同じ無職と言っても、いろんな状況があるのよね。例えば失業して収入が全くないという人、アルバイトをしているけれど正社員ではないので立場としては無職でも収入のある人、すでに退職して年金収入のある無職の人、あなたのように専業主婦で無職の人などよね。で、無職とは言ってもどのような状況にあるかによって、キャッシングできるかどうかが違ってくるのよ。(参考ページはこちら→主婦の融資について知る

キャッシングができる可能性があるのは、何らかの形で収入がある人ね。だから、さっきの例で言えばアルバイトをしている人、年金収入がある人となるわ。この立場の人は、キャッシングできる先が結構あると思っていいのよ。逆に、収入のない無職の人はどうかと言うと、残念だけどキャッシングをするのはかなり難しいと言うしかないわね。返済するために必要な収入自体がないから、審査に通りにくいのよね。

では、あなたのように専業主婦で無職の人はどうなのかと言うと、キャッシングはできるんだけど借り入れ先が限られるのよ。それは、総量規制という決まりごとが関わっているの。これは消費者金融が守らなければいけないもので、年収の3分の1までしかお金を貸せないという内容なんだけど、専業主婦は個人としては収入がないから、3分の1と言われても結局借り入れできる金額が0なのよね。

でも、この総量規制は、違う法律に従って経営されている銀行が守る必要はないものなの。専業主婦の場合、配偶者の収入を元にお金を借りることができる仕組みなんだけど、消費者金融は総量規制の影響で個人として収入がない人には融資できないのよね。だから、消費者金融を借り入れ先として選ぶことはできないということになるのよ。つまり、借り入れ先として銀行を選べば、無職の専業主婦でもキャッシングできるというわけね。

無職でもキャッシングは利用できる!そのコツは収入証明にある

無職は一般的にもキャッシングを利用できないと思っている人が多いです。その理由はやはり安定した収入が無いため、審査に合格できないと推測できるからです。しかし、安定という意味ではアルバイトやパートでも収入はあるけれど安定度は無いと言えますし、キャッシングを利用するために収入の安定はあるほうが好ましいですが必須ではありません。(参考ページはこちら→融資で収入って大切じゃないの?

無職がキャッシングできない大きな理由は収入証明にあります。収入証明とは源泉徴収や給与明細など収入を確認できる書類のことを言います。仕事をしていないとこの書類を用意するためには確定申告書を準備しなければなりません。確定申告書なら仕事の有無に関係なく、年間の所得を確認できるからです。しかし、この書類を用意したとしても年間を通して所得が極端に少ない人や全くない人は審査で落ちます。結局はお金を借りれません。

そこで、無職でキャッシングを利用するならそもそも収入証明が必要ない会社へ申し込むのがベストです。収入証明が必要ない場合は審査で収入が問われないので、信用情報などにおいて問題がなければ簡単に合格できます。これを知っておけば誰でも簡単にお金を借りれるようになります。

一体、どの金融会社なら収入証明なしで申し込めるのか?これは意外にも銀行です。イメージ的には消費者金融や悪徳な会社を想像しがちですが、収入証明不要は銀行や銀行系の消費者金融にあるので覚えておくと良いです。どうして銀行なのか?これは少し法律の話になりますが、総量規制という融資関連の法律があり、これが銀行へは適用されないため、収入証明から申込者の年収をチェックする必要が無いのです。

専業主婦など現在無職でお金が必要という状況なら上記を参考にしながらキャッシングの申し込み先を探してみると良いです。銀行ならば収入証明がいらないので、仕事をしていない人でも簡単に合格できます。利用条件だけはしっかりとチェックして好ましい会社へ申し込むと良いです。
(⇒自分にぴったりな借入先を探す