実は、私はすでに消費者金融で借り入れをしたことがあるんです。でも、そこの利用限度額に近いくらいのお金を借りてしまっているので、それ以上そこから借りることができません。それで、新しくお金を貸してくれるところを探しています。ですが、この状態で審査に通るのかどうかが心配になってきました。

友達の結婚式の参加のためにお金が用意したいというのが借り入れの理由なので、借りられないと結婚式に行けなくなりそうで不安なんです。そこで、キャッシングの借り入れ審査には他社借入が影響するかどうかを教えて下さい。

キャッシングの借り入れ審査には他社借入が影響します

質問者さんはすでにお金を借りているということよね。それで、新しい会社でキャッシングを申し込む時の審査にそれが影響するかどうかということなんだけど、他社借入は審査結果に影響を与えるものなのよ。一度借り入れをしたことがあるということだから、もともとキャッシングの審査がお金を返す能力について確認をしていることは知っているわよね。

お金を返す能力として見られるのが、まずは仕事に関することなのよね。これは、どれくらい収入があるのか、勤務形態はどうなっているのか、どんな仕事をしているのかなどを見ることによって、どれくらいのお金なら返すことができそうかを判断するのよね。

それからもうひとつ見られるのが、他社からの借り入れ状況なの。この項目に関しては借入件数と借入額、返済履歴が見られるわ。借入件数が多い場合、借入金額が少ないとしても審査に通らなくなることがあるし、借入額が多ければ借り入れができなくなるか借り入れできる金額が少なくなるかするわ。それから、返済がきちんとできていないという履歴が残っている場合、審査にはほぼ通らないと思っていいわ。

もともとの収入に対して、返せるお金には限りがあることはわかるわよね。だから、他社から借り入れしているお金が多い場合、それと合わせて新しく貸したとして返済が可能かどうかという視点で審査が行われることになるの。だから、他社借入はキャッシング審査に影響を与えることになるのね。

それに、新しい借入先が消費者金融の場合、法律も関わってくることになるわ。貸金業法という法律によって、消費者金融では年収額の3分の1までのお金しか貸すことができないことになっているから、法律を守るという観点から考えてもやはり他社借入は審査に影響してくると言えるのね。

【参考ページ】
融資審査の基準を考えてみる

キャッシングは他社借入がかなり重要な情報

キャッシング申込時は他社借入状況を申告することになりますが、これがかなり重要な情報となるので覚えておくと良いです。審査では申込者の年収から返済能力が判断されますが、その時に他社借入状況も同時に考慮されます。つまり、他社でお金を借りているほど返済能力は低いと判断されてしますので、なるべくキャッシング申込時は借金を持っていない方が好ましいと言えます。

上記のことを踏まえると申込時に他社借入情報を適当に書いておき、自分に有利な状況で申し込めば良いのでは?と思いがちですが、これをやっても必ず他社借入情報は見破られてしまうのでどれだけ借金があってもしっかりと申告しておくほうが良いです。

金融会社は申込者がどのくらいの金額をどこで借りているのかをチェックできる仕組みになっているので、借金情報は筒抜けです。つまり、嘘の申告をしても正確な情報はいつでも把握されてしまうので全く意味がありません。しかも、こうした申し込みをすると信用を落とすことになるので、何も良いことがありません。

キャッシングをすでに持っているけど、その返済が苦しいので新規に契約をしたいという場合、又はもっと大きな金額を借りたいので新規に契約したい場合など、他社でどのくらいのお金を借りているのかが非常に重要であり、その金額次第では新規の審査に合格することが難しくなります。

また、仮に複数の会社でキャッシングを利用出来たとしても、総額の限度額を考えると1社で大きな限度額を持つほうが金利は確実にお得になります。小口を数社で利用すればどの会社でも上限利率が適用されますが、1社でそこそこ大きな限度額を持てば下限利率に近い利率が適用されるので利息は安くなります。返済に関しても、1社を利用するだけなら返済の管理が非常に楽であり、返済が遅れることも少ないものです。複数の会社を利用すると、各社の返済日はバラバラであり返済の管理がとても大変なので覚えておくと良いです。