困ったことに、私は今無職です。勤めていた会社が倒産してしまって…。そんなこと、予想できるはずもないじゃないですか。だから、貯金もそんなにたくさんはしていませんでした。しばらくは何とかなるとしても、このままではどうにもできません。それで、お金を借りることを考えているんです。もちろん、次の職は探していますよ。でも、まだしばらくかかりそうな気もして。

だけど、キャッシングなんてしたことがないので、怖いのも本音です。今でもお金に困っているのに、騙されたりしたら嫌なので、できれば大手で借りたいんです。それで、無職でもキャッシングできる大手の会社があるかどうかを知りたいんです。

無職の捉え方にもよりますが収入がない場合借り入れは難しいです

無職という言葉は職がないという意味なんだけど、パートやアルバイトをしている人をどうとらえるかということが問題なのよね。正社員ではないから無職と言うこともできるし、パートやアルバイトをしていて収入を得ていると見る見方もできるわよね。よく、ネット上で無職でも借りられるという言葉が見られるんだけど、この場合正社員ではないけれどパートやアルバイトで収入を得ている人なら借りられるという意味で使われていることが多いのよ。

だから、あなたがもし新しい仕事を探すまでのつなぎとしてアルバイトをしているとかいうことがあれば、大手の会社からキャッシングをすることも可能なのよ。でも、もし何もしていなくて、収入がない場合は大手からの借り入れは難しいわ。大手だけでなく、中小企業のキャッシング会社からのキャッシングもできないと思った方がいいわね。

そうなると、お金を借りたいと思うのならとりあえずバイトを探すのが一番の近道かしら。バイトをすることで収入も得られるようになるから、生活を立て直すのにも一役買ってくれそうよね。それから、派遣会社に登録するという形で仕事を探す方法もあるわよ。この場合、派遣会社があなたの就職先となるから、職場への在籍確認もできるというわけね。

でも、この方法だとまだ仕事が紹介されていなくて収入の実績がないと審査に通らない可能性があるから、やはりバイトを探して収入があるという状態を作ることが一番の近道ね。あと、バイトをする以外にも、次の就職先が決まっていれば、審査の甘い会社なら融資をしてくれる可能性があるわよ。ただし、この場合も大手からの借り入れは難しいわね。だから、中小企業を当たった方が借り入れができる可能性が高いのよ。

無職でもキャッシング可能な大手のキャッシングとは

キャッシングはお金を融資して貰う事で、お金を借りたからには返済が必要です。そのため、キャッシングの申込み条件には安定した収入が有り、その収入が継続的に行われると言った条件が有ります。

仮に無職の場合では収入がゼロという事になりますので返済能力は申し込み者には無いのです。但し、無職と言っても年金を受給している場合はどうなのかです。金融機関の中には年齢の上限を69歳にしているところもあり、年金受給のみでも申し込みが出来る所も有り、無職でもキャッシング可能なのです。

年金受給のみと言う人は、基本的には無職という事になりますので、条件の中に年金受給のみでも申し込みが出来る場合は、無職でもキャッシングが可能という事になるわけです。大手の銀行などの場合は、無職の専業主婦の人が申し込めるキャッシングを用意しています。

専業主婦は本人の収入がゼロであり、無職の状態になります。そのため、年金受給者とは異なり本人の収入がゼロという事になるわけです。この場合は、配偶者の収入が審査の対象となり、配偶者に継続した安定収入が有る場合は利用する事が可能になっているのです。

基本的にキャッシングは安定した収入が有る事が基本の条件となりますが、年金受給のみの人や専業主婦のように働いていない人でも利用出来るキャッシングが有るのです。

但し、これは銀行などの金融機関のみであり、消費者金融などの貸金業者の場合は総量規制が適用されるため、無職でもキャッシングが可能な会社は無いのです。

総量規制は年収の3分の1を超えた貸付を禁止する規制で、多重債務なる人を減らす目的で導入された制度なのです。無職で自らの収入がゼロと言うのは年収がゼロという事になりますので借入可能額もゼロという事になります。そのため、専業主婦や年金受給のみの人が申し込めるキャッシングが無いのです。

これは大手の消費者金融であっても同じで、総量規制により無職の人は申込みが出来ないという事です。
(⇒各金融業者の借り入れ条件を見る