キャッシングの複数利用について。現在3社でキャッシングの利用をしていますが、この場合では各3社での借り入れ金額が年収の1/3を超えなければキャッシングは出来ますか?例えば年収300万円ではA社から100万円、B社から100万円、C社から100万円の借入れが出来るのでしょうか?

それとも、キャッシングの複数利用ではA、B、C3社全ての合計が100万円までとなるのですか?そうなるとA社B社C社それぞれの限度額が30万円程度となるのでしょうか?今の契約内容ではそのようになっていないので、将来的に限度額の変更とかの契約をするのでしょうか?

全ての会社の借入れ合計が年収の1/3以内

例にならって答えると、年収300万円の人がA社、B社、C社の3社と契約している場合では、全ての借り入れ合計が100万円となった時点で他社の新規利用が停止となります。各社の枠が初めから30万円とは限りませんよね。他社と契約するたびに借入限度額の変更の契約をし直すというコトはありませんよ。後に契約した会社ほど借入限度額が少なくなっているのではないでしょうか?3社の消費者金融の借入限度額を合計したら100万円付近になっていることでしょう。

しかし3社の限度額を合計したら100万円を超えている場合では、例えば、A社で100万円借り入れをした場合にはB、C社がその事実を把握した時に両社とも新規の利用を停止するでしょう。そこで借入れできないので返済に専念してA社からの借入金額が70万円になるとB、C社に借り入れできる枠が復活することになります。そのため、契約している限度額がいくらとかではなく、借り入れ金額が年収の1/3に到達した時点で新規の利用がストップすることになります。

では、どうやって把握するのかといえば消費者金融は個人信用情報機関へ借入れしている人の情報を定期的にチェックしています。そのため契約後に他社で借り入れをした場合でも現在、借入金額がいくらあるのかを把握することが可能なのです。

【参考ページ】
複数からなる借り入れを控えたい理由

キャッシングの複数利用をする場合の注意点を解説

キャッシングの利用限度額を引き上げるには時間がかかり、総量規制の範囲内であってもその上限まではなかなか借りることはできません。そのため、急ぎで多額の借り入れを行いたい場合にやむを得ずキャッシングの複数利用を行うケースがあります。また、カードを発行することで特典が貰えるキャンペーンを行っていることもあり、とりあえずカードだけ作っているようなこともあります。このような状態ではいくつか注意点があります。

複数の会社から借り入れを行っている場合、会社ごとに返済期限が異なっているため、利用数が多くなってくると管理に手間がかかり、返済できる余裕があるにもかかわらず、うっかり支払いを忘れてしまうこともあります。このような遅延が起きた場合、個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、今後の限度額引き上げや新規契約などに悪影響が出ます。(参考ページはこちら→審査にて不利になる点とは

このようなことを避けるため、キャッシングの複数利用をしているときにはおまとめローンを利用するなどして、できるだけ金利の低い1社にまとめていくようにします。審査に通って1社にまとめることができれば、利用限度額も高くなるため、金利が下がるなどのメリットもあります。(参考ページはこちら→低金利は融資でとても大切な点です

あまり利用していないのにカードだけ複数持っているような場合、使っていないものに関しては解約しておいた方が良いです。住宅ローンを組む場合などにキャッシングの契約を複数の業者と結んでいると、銀行によっては借り入れを行っていなくてもキャッシングの利用限度額の合計額を現在の債務として考えることがあり、審査に通りにくくなったり、希望融資額が引き下げられるなどの悪影響があることもあります。

このように、キャッシングの複数利用にはデメリットがあるため、基本的に避けた方が良いです。どうしてもすぐに多額のお金が必要になる場合だけ複数利用を行い、余裕が出てきたら繰り上げ返済を利用して金利の高い業者の借り入れを完済して借り入れ数を減らしたり、おまとめローンに切り替えるのが適切です。