自分としては頑張っていたつもりだったんですが、会社でリストラに合ってしまいました。会社も辛いということがわかっていましたから、退職金を上乗せして貰う形で承諾したのですが、今となっては良かったのか悪かったのか、やっぱり迷ってしまうものです。

こんな私ですが、もしかしたらと思ってキャッシングだけは使えるようにしておきました。今はまだ利用していないのですがリストラ後であってもキャッシングをすることはできますよね?リストラされたら使えなくなるんだったらすごい辛いです…

すでにカードを作っているのであれば問題なく使える

リストラって辛いですよね、最近ではリストラされる人も少なく無いですけれども一時期に比べると風当たりは弱いかもしれませんが、リストラってされて嬉しい人はいないでしょう。でもキャッシングのカードを先に作っておいたというのはすごく良い判断だったといえるでしょう。実はキャッシングのカードというのはリストラ後に作るとすごくハードルが高くなるおそれがあるのです。(参考ページはこちら→融資の審査基準を良く思い出そう

どういうことかというとリストラ後であると無職ということになります。現在退職金をもらっていたとしても、稼ぎがあるわけではありませんから、返済可能性も低いと見られてしまうのです。そうなると無職のリストラ後ではキャッシングのカードを作るハードルが非常に高くなってしまう、というわけです。作れないこともないですが、業者を選ばないとダメになるでしょう。(参考ページはこちら→無職でも大丈夫な業者とは?

だから先に作っておいたというのはすごく重要でいいと思います。とりあえずは利用できる期間中はどんどん利用すればいいでしょう。また転職をしてどこかで再就職をしたら借り入れを真正面からすることもできるようになるでしょう。業者側から何かの指摘をされない限りは借り入れをすることはできるでしょう。(参考ページはこちら→転職と融資利用のタイミングは慎重に

業者側から指摘されない限りはカードローンを使い続けることはできますから、キャッシングすることもできるでしょう。とりあえずリストラされて落ち着いて次の出発をするまでの間は、キャッシングを使うことも視野に入れておいていいと思います。

キャッシングの契約をしておけば、急なリストラでも安心

人は、ざまざまな場面で急なお金の必要に迫られるものです。家電製品の修理や買い替え、水回りの不具合、子供の受験費用、冠婚葬祭などです。そして、最近の景気回復基調で忘れられつつある、リストラもその一つでしょう。

リストラは、景気が回復したからと言ってなくなるものではありません。いつの時代にも存在するものです。日本全体の景気が回復してきても、会社を個別で見ると、景気の悪い会社もあるのです。バブルの絶頂期に倒産した大手企業だってあるくらいですから。

急にリストラを言い渡されると、その後、路頭に迷います。収入源が絶たれてしまうからです。会社都合ということですから、すぐに失業保険はもらえます。場合によっては、ある程度の退職金ももらえる可能性はあります。しかし、それらを使う果たすのに、さほど時間はかからないでしょう。もって1年から1年半といったところでしょうか。無収入の人間でも、前年度の収入をもとに計算した住民税、健康保険料、国民年金の請求はやってくるからです。

そのような時に備えるという意味でも、在職中にキャッシングの契約だけはしておいたほうが無難です。キャッシングで何百万もの生活資金を借り入れる人は、多くありませんが、ちょっとした出費などに、とても重宝されるカードなのです。コンビニのATMからお金を引き出したり、逆に返済したりすることができるのですから。

もちろん、失業中のキャッシングは、最後の手段として残しておいてください。具体的には、リストラに遭ったら、早めに求職活動を始めます。その間は、失業保険で節約しながら生活をします。失業保険がもらえている間に次の仕事が見つからなければ、今度は退職金なりの預貯金で生活をつなぎます。なんとか、この間に仕事を見つけましょう。

そしてめでたく安定した仕事が見つかって、しかも急なお金が必要になったら、初めてここでキャッシングが登場します。次の収入のあてがない時にキャッシングに手を出したら、取り返しのつかないことになる場合もあります。リストラでは、最後の手段として残しておきましょう。