別に悪いことをするわけではないから、誰に知られても構わないのですが、内心ではできる事なら知られずに内緒にキャッシングしたいと思っています。借金に対する後ろめたさなんでしょうね。借金していることすべてを家族や仕事場に内緒にしておきたいです。そのため、自宅や仕事場に書類が届かないようなキャッシングを希望しています。

キャッシングに契約すると仕事場に電話がかかることがあるのですか?そうなると仕事場にキャッシングを利用していることが分かりますか?

キャッシングの利用がバレない方法

キャッシングに申し込む時には申し込み先にもよりますが、各社いろいろな方法がありますね。パソコンやスマホ、携帯から申込んだり、電話、窓口、郵送などあります。申込む時点でバレることはほとんどありませんが、例えば自動契約機や店舗などの窓口利用だと、もしかしたら知人や友人に会う可能性もあります。そうなると、そこからバレる可能性が無いわけではありませんね。他にも郵送では家族に書類を見られてしまう可能性があります。そうなるとバレることもあるでしょう。
(⇒ネット申し込みが特に便利で使いやすい?

また、審査時には本人確認の電話があります。これによって仕事場にバレる可能性はほとんどありません。キャッシング会社は電話をする人個人の名前を名乗るので電話を受けた人が余程勘の良い人でない限りバレることはありません。

契約時には申込書やカードが郵送で送られます。この時に自宅に送るか、仕事場に送るか選べる金融機関もあります。しかしこれが問題で、自宅に送った場合には家族にバレる可能性があります。だけど仕事場に送った場合には同僚や上司にバレる可能性があります。そこで、申込書やカードが送られてこない方法を取ると自宅や仕事場にキャッシングの利用がバレる可能性が減ります。WEB完結で申込書や契約書なし、自動契約機でカードの受取りを選ぶとカードの郵送なしとなりますね。

キャッシングの審査で仕事場に電話がかかってくる

キャッシングの審査では仕事場に電話がかかってくることがあります。なぜこのようなことが必要になるのかというと、電話をすることによって所得の確認を行うことになるからです。キャッシングは少額融資のサービスですので、融資に関して難しい審査は実施されません。ほとんどが口頭の審査で行われることになりますので、その審査の一環として電話の確認を行うことになるわけです。

こうした収入の審査のことを在籍確認といいます。在籍確認はキャッシングを提供している消費者金融が特に好む審査の方法ですので、ほとんどどこの会社であってもこの確認が求められることは間違いありません。電話をすることによって収入の確認をすれば、無人契約機などを利用して簡単に融資の申請を行うことができるようになりますので大変便利なのです。

もちろん、仕事場に電話がいくことになるわけですから、自身が所属している仕事場が営業している必要があります。在籍確認の特徴は、単純に在籍を確認する作業のためにそれ以上のことを質問しないことにあります。そのため、実際に本人が電話に出なくても、会社の同僚が本人の不在を告げればそれを収入の証明とすることができるようになっているのです。ですので、大切なのはあくまでも営業日なのです。

在籍確認が行われるときには、消費者のプライバシーが優先されることになりますのでこの電話によって消費者のプライバシーが侵害されるようなことは絶対にありません。在籍確認を行うときには、消費者金融は自身の身分を明かすようなことはしないのです。架空の会社の名前を名乗ったり、担当者の名前を名乗って確認を行ってくれますのでお金を借りることが周りの人間に知られることはありません。(参考ページはこちら→金融業者は簡単にプライバシーをバラしたりしません

このように、キャッシングの審査では仕事場に対して電話がかかってくることになるのですが、この審査は消費者の安全面やプライバシーに細心の注意が払われていますので、何も心配する必要はないのです。