複数キャッシングの一本化について。メリット・デメリットがいまいちよく分かりません。自分のイメージでは、例えば3~4社からのキャッシングの返済合計が月々5万円なのに一本化すると月々3万円になるというコトが一本化のメリットでしょうか?そうなると月々の返済がラクになりますよね。では、デメリットは何になりますか?

私の状況としては一本化を考えてはいるのですが、一本化したところで月々の返済額は5千円しか変わりません。だけど5千円でも支払額全体を考えると一本化にした方がお得になるのでしょうか?

金利が同じままで月々の返済額が減ると返済期間は長くなる

複数キャッシングを一本化する目的は管理しきれなくなった借金を一本にすることで管理しやすくなる。30万円、20万円、50万円などの小口の借金をまとめることで100万円にすることができ、金利を下げることが可能になる。毎月の返済額を減らすことが出来るといったことが目的になります。

そのため、毎月の返済額を減らすことが目的であれば、月々5万円の返済が月々3万円の返済になるということは魅力的なことになりますね。ただし、月々の返済金額が減るというコトは借金の減るスピードは遅くなります。例えば、月々5万円の返済の内、元本返済3万円で利息返済2万円だった場合では、利息が変わらず返済金額だけが減った場合では月々3万円の返済の内2万円利息で取られると元本の返済は1万円のみとなってしまいます。

そうなると元本に対する返済は3万円が1万円となってしまいますので返済期間が長くなり、その分利息も多く支払うことになってしまい支払額全体は増えてしまうコトになります。キャッシングの一本化をする時には得になるのか損になるのか月々の返済金額に加えて返済総額も考える必要がありますよ。
(⇒融資利息の計算をしてみよう

複数キャッシングを一本化するメリットって?

キャッシングはかつてまで「トラブルの多い業界」として考えられていました。ですが昨今ではそういった過去のあり方に問題があるとの考え方が一般的となり、条例や法律など、さまざまな面における業界の健全化が図られるようになりました。

結果として現在のキャッシング業界は非常に健全性の高いものとなっており、しっかりとした経営を行っているような事業者から借り入れを行う分には非常に安全性の高いものとなったのです。(参考ページはこちら→金融業者を使うなら安全なところから

しかしながら、だからといって消費者の責任が軽くなったというわけではありません。「借りたお金は返す」という義務がなくなるわけではありませんから、キャッシングを利用するという場合には収支のバランスを考えて、無理の無い返済計画を事前に立てなくてはなりません。

ですが複数キャッシングが常態化してしまっていると、時として返済ができなくなってしまうことがあります。月々の利息の返済で限界となってしまい、通常の生活を送れなくなってしまうこともありえるのです。

そうした場合において非常に有効な対処策となるのが「複数キャッシングの一本化」です。複数のキャッシング業者に対して返済する総額と同等の金額を新たに借り入れることによって、複数の債務をまとめるのがこの「一本化」と呼ばれるものですが、これにはさまざまなメリットがあります。

特に大きなメリットとなるのが「返済が楽になる」ということです。複数のキャッシング業者に対して返済を行っていくというような場合には、時として多額の利息を返済しなくてはならないことがあります。しかし本来、利息率には法律で上限が定められているため、借り入れた総額をひとつのキャッシング業者から借りなおして返済をしていくと、最終的な返済総額が低くなることがあるのです。(参考ページはこちら→利息を減らして融資をさらに有意義に

加えて大きなメリットとなるのが、現状の債務の管理がしやすくなるというものもあります。複数の業者に対して返済をしていくと、それぞれの業者に対してどれくらいの元本が残っているのかということも把握しづらくなってしまいますから、結果として返済が滞ってしまったり、過払い金の発生などが招かれることもありえます。

もし複数キャッシングの返済に苦心をしているというのであれば、債務の一本化を考えてみると良いでしょう。