キャッシングに申し込みをしようと思ったら、審査に本人確認があるらしいことが書いてありました。これって書類の提出以外にも何かあるの?書類の提出とかって申し込んでから審査に通った時にするみたいなんだけど、申し込んだ時点での本人確認ってなに?いろいろ見てみると会社や自宅に電話するっていうのを見かけたけど、実際キャッシングの本人確認とはどこに電話するの?本当に会社に電話するの?

自分が勤めている会社は小規模だからアットホームというか情報が筒抜けなんだよね。だからキャッシングをするとなって、もし会社に本人確認の電話がかかってくるとすぐに上司や同僚にバレそうなんだよね。だから会社に電話をされるのは嫌なんだよね。これを避ける方法ってないの?

会社への在籍確認は必須!時間帯などの相談には乗ってくれる

キャッシングをする時に避けて通れないことに勤務先への在籍確認があるよ。これを億劫に思っている人って結構いるんだよね。だけど、申し込みをした後にキャッシング会社に電話をすると本人確認の時間や方法を相談できるよ。(参考ページはこちら→融資審査で行われる事

だから、例えば自分が休みの時に電話してもらったら受けた勤務先の人は「○○は本日は不在です」というコトでしょう。この短い会話だけで用件が終わる。キャッシング会社も在籍していることが確認できればいいので、この会話だけで十分なんだ。

他にも、上司や同僚がランチに出かけている時に電話をしてもらうと申し込んだ本人が電話に出ることが出来る。そうなると他の人にバレることは無いよね。こういった時間帯の相談をするだけでもバレる確率って減るんだよ。

普段、取引先などから電話が無い部署だったり、立場だったりすると急に申し込んだ人宛てに電話があると怪しいよね。だから、申し込んだ人から「クレジットカードに申し込んだから在籍確認があるかもしれません」など、無難な理由を先に言って周りから怪しまれないようにしておくのも一つの方法だね。
(⇒融資利用をバレないようにするには

キャッシングの本人確認とはどういったものなのか

キャッシングは現在非常に多くの人が利用している金融事業になっています。ですがどのような人でもすぐに利用できるというわけではありません。キャッシング会社はお金を消費者に貸し付ける以上、少なからずのリスクを背負うことになりますから、あまりにもリスクが大きすぎる人に対しては貸付を行わないというのが普通なのです。

そしてそのリスクの有無や程度が判断されることとなるのが「審査」です。審査ではその消費者個人の本名や住所といったような基本的な個人情報から、勤め先や収入状態などの情報に至るまで確認が行われることとなります。審査で確認される情報に関してはキャッシング会社によって多少の異なりがありますが、どのようなキャッシング会社であってもほぼ必ず行われることとなるのが「本人確認」です。
(⇒職業についてももちろんチェック対象です

ではキャッシングの本人確認とはどういったものなのでしょうか。これは「現在キャッシングの審査申請を出している人が本当に本人なのかどうか」ということを確認するために行われるものです。キャッシングではお金を借りた人が、キャッシング会社に対してお金を返済する義務を負うこととなります。もしここで本人ではない人がキャッシングの申請を行い、お金を借りて返済することをしないでいると、お金を借りていないはずの人に対して請求がかかる恐れが出てきてしまいます。

よって現代のキャッシングでは、ほぼ間違いなく本人確認が行われるのです。本人確認の方法はいくつかありますが、もっとも一般的なものが「運転免許証」を用いた本人確認です。運転免許証は日本という国が発行するものであるために偽造が困難であり、かつ顔写真の貼付が義務付けられているために写真による本人確認ができるというのがその理由です。(参考ページはこちら→融資を受けるなら事前に身分証を確保しよう

運転免許証を保有していない場合は健康保険証かパスポートでの本人確認も対応しているケースがありますから、必要に応じて確認し、準備をしておくとよいでしょう。またインターネットなどを利用してキャッシングの申請を行うというような場合であっても、本人確認ができる書類の写真画像をメールで送ることなどが求められるようになっていますから、基本的に「キャッシングの審査を申請する際には必ず本人確認が行われる」と考えておくべきといえます。