転職して働き始めたばかりです。前の会社を辞めてすぐに転職先が見つかってホッとしたのですが、給料日の兼ね合いで一か月間収入がありません。こんな時には働き始めたばかりでもキャッシングできるところはありますか?

キャッシングをするとなれば勤め先への確認の電話がありますよね?それが不安で、できれば勤め先の人には知られたくないと思っています。口コミとかを見ると勤務先には知られないように個人名でかけてくるとか書いてありますが、働き始めたばかりで電話がかかってくること自体おかしい気がします。それでもキャッシングでお金を借りないと給料日までお金が持たないので、働き始めでもキャッシングできるなら利用したいです。

働き始めでも小額の借入れなら可能なところもある

キャッシングをしようと思ったら申込み条件に安定した収入と書いてあるところがほとんどでしょう。この安定した収入というのは、勤続年数が長ければ長いほど安定していると判断してもらえます。

となると、働き始めたばかりでは安定した収入とは見なされず借りることが出来ないの?なんて疑問が浮かんできそうですね。実は、働き始めたばかりでもキャッシングができるところはあるのです。キャッシング会社に問い合わせてみても働くことが決まった時点での申し込みは審査に通ることが難しくても、実際に働き始めてからの申込みなら審査に通ることがあります。ただし5万円や10万円といった小額な借入れとなりますよ。

要するにキャッシング会社が行う勤務先への在籍確認の電話をした時に、申し込んでいる人が働いていることが証明できれば審査に通る可能性はあるのです。この電話はもちろん個人名で行います。キャッシング会社もプロなので知人のフリをしてバレないようにかけてくれますよ。どうしても不安ならキャッシング会社にどういう風に書けてほしいのか要望を伝えてみるという方法もありますよ。

働き始めて間もない人がキャッシングを利用することはできる?

キャッシングは非常に便利な存在です。使用目的を消費に限られてはしまうものの、医療費や冠婚葬祭に出席する際の費用など、突然の出費に対して備えることができるという意味では非常に大きなメリットがあります。収入が少ない人にとっては特に便利な存在となってくれますが、原則としては「企業などに勤めて働いており、安定した収入がある人」にしか貸付が行われないということには事前に注意が必要になってきます。(参考ページはこちら→融資審査に通る人とは

ですが「安定した収入がある人」ならば誰でも借り入れができるのかといわれれば沿うとも限りません。キャッシングの審査においてはさまざまなポイントがチェックされますから、絶対に通るというような人は基本的にいないのです。この「働いている人」という面においてもそれは同様です。(参考ページはこちら→融資で有利な職業ももちろんある?

特に注意をしたいのが「働き始め」のケースです。たとえばこれまで長年勤めていた会社が倒産し、新しい職場に就職することはできたものの、家計が苦しいために借り入れを行いたいというような場合ですが、この場合は審査に通らない恐れが出てきます。

これはなぜなのかというと、「その職場で働き始めて間もないから」というのが理由です。現代の日本では、かつてよりもより流動的に人材が移動するようになっています。企業が自社に勤める人に対して一方的に解雇を言い渡すということは違法ですが、勤める人が自分から離職をするというようなことには制限がありません。もし働き始めて間もない人にお金を貸し付けてしまうと、その人が「この仕事は自分には合わない」と考えて早々に離職してしまった場合、非常に大きなリスクを抱えることになります。キャッシング業者は何よりも「貸したお金が返ってこない」というリスクを嫌うため、一般的には勤め始めて半年以上が経過した人でなくては、審査に関しては厳しい目を持って判断することが多いのです。

ただしこの例外となるのが「新卒者」の場合です。新卒者はアルバイト先にそのまま就職したというような特殊なケースを除いて、就労期間がないのが普通ですから、新卒者に関してだけは、「働き始めてからの期間」というものを審査の考慮にほとんど入れないようになっています。これらのことから「新卒者の場合は働き始めてすぐに審査を受けても問題はないが、そうではないのであれば審査においてややペナルティが発生する」と考えるべきといえるでしょう。