キャッシングにはそれぞれ限度額ってありますよね。限度額が高ければ高いほど、借り入れできるわけですし余裕が得きると思うんですけれども、その限度額って簡単に上がらないのが辛いところです。それで思うんですけれども、限度額って年収によって上がるんですよね?じゃあ年収がどれだけ上がれば限度額がどのくらい上がるのかっていうのはわかるんでしょうか?わかるなら教えてもらいたいです。

年収だけではないが限度額は思った以上に上がりにくい

限度額を上げるというのはそんなに簡単なことではないのです。限度額を上げるためには年収以外の要件もあるのですが、年収だけで上がる限度額というのはほんとうに少ないと思っていたほうがいいでしょう。キャッシングでは2つにわかれます。銀行系カードローンと消費者金融の2つにわかれるんですが、この2つだと銀行系カードローンのほうが年収が上がると上がる幅が大きくなります。

おおよそですけれども銀行系カードローンは年収アップした分の半分が、消費者金融の場合は年収アップした分の3分の1が上がると言われています。例えばですけれども月の収入が1万円上がったとすると年収換算をすると12万円です。ボーナスも加味するとだいたい15万円くらい年収が上がることになると思います。

この時銀行系カードローンだったら7万円ほど、そして消費者金融だったら5万円ほど上がることになるのです。月収で1万円アップするというのは結構大きな変化で、今どき年齢が上がっても1万円も昇給しないところがほとんどでしょう。1万円という月給の昇給出会ってもこのくらいまでしか変化がないのです。意外に限度額を上げるのは難しいのです。

しかし信用を大きくするという方法であれば、年収以上の限度額アップに繋がることもあります。例えばちゃんと借り入れを返済して、遅れなどがない場合には枠が一気に10万円も大きくなることがあるでしょう。10万円というと銀行系カードローンで20万円、消費者金融の場合は30万円の給料アップと同じくらいのインパクトがあります。むしろこちらのほうが上がりやすかったりするのです。

キャッシングは年収の3分の1の限度額内で申し込みをしよう

最近ではキャッシングを使って、手軽にお金を手に入れることに抵抗の無くなった方が多くなっています。

キャッシングを利用できる消費者金融業者は数多く存在していますが、それぞれの会社ごとに審査を受けてから融資を受けることができるようになります。多くの金融会社では審査では年収や年齢、家族構成や他社からの借り入れ金額や件数などの個人の信用情報を元に融資が可能であるかどうかの判断をされることになります。

消費者金融のキャッシングの場合は、申し込みをする際に借り入れの希望額を入力することになりますが、貸金業法では借り入れ可能な金額は申込み者本人の年収の3分の1以内の金額と決まっています。借り入れ希望額についてキャッシング利用者の年収の3分の1以内の場合であっても、過去の経験において利用実績がない方に対して融資を行う場合は利用できる限度額は少額になるケースが多いです。利用限度額が最大500万円となっている金融業者の場合、最大の限度額の借り入れを行うためには年収が1500万円必要ということになります。(参考ページはこちら→融資と年齢は切れない関係?

消費者金融のキャッシングで利用限度額を大きくしたい場合の条件としましては、目安として半年以上継続的に利用し続けることや、きちんと設定されている返済期限を守って利用することで借り入れ利用者の信用度が高くなってきますので、融資の増額を申請できるようになります。融資実績の高い代表的な会社にはアコムがありますが、アコムの増額を申請するためには電話や店舗に行って申請を行う方法や、アコムのホームページからログインをして増額申請する方法があります。

増額に関しても利用額の制限が適用されますので、申請の際には注意が必要になります。年収による利用限度額の制限を気にしないでお金を借り入れるためには、銀行系のカードローンを選択することをおすすめします。銀行系のカードローンであれば、銀行法に基づいて貸し付け事業が行われていますので、貸金業法に規定されている制限の適用は受けないことになっています。