親と同居しているんだけど、親には内緒でキャッシングをしたいと思っています。だけどキャッシングの申込書やDMなどの手紙とかが自宅に届くと両親は怪しむと思うんです。手紙などが自宅に届くことって実際ありますか?

ウチの両親はどちらかというとお金に関しては厳しい方でキャッシングとかで借りてまでお金を使うなって感じなんです。だけど、今回はどうしてもお金が必要で次の給料まで待てないので5万円借り入れを希望しています。5万円なら次の給料で返せるし、すぐに返せるなら無利息期間があるところに申し込みをしようと思っています。そうすると利息もかからずお金の融通が出来るので、すごく便利だと思っています。キャッシングは使い方によってはとても助かるものですよね。

だけど、両親の知り合いに借金をし過ぎて手が回らなくなってしまって自己破産した人がいるので、おそらくそうなってほしくないという願いから自分には「キャッシングするな」といっているのだと思います。その点は分かっているので使い方を考慮して、返済できる範囲での借り入れに心がけています。そうは考えていても頑なな両親を説得するよりは内緒に借入れして完済する方がスムーズに行くので自宅に手紙が届かないキャッシング会社を探しています。(参考ページはこちら→金融業者によって違う対応を見る

自宅に手紙が届くかはキャッシング会社によって異なる

以前は申込書やカードは郵送というところが多かったけど、最近ではWEBで申し込み手続きまで完結するところが増えてきたよ。だから、申込書の郵送は回避できる。カードも中にはカード発行は無しでWEB上の振込みで借りるってところがあるよ。他にも自動契約機でカードの受取りをしたり、銀行カードローンなら既に持っているキャッシュカードにローン機能を追加したりすることでカードの郵送なしのところがあるよ。
(⇒Webからの審査は早い?

他には利用明細書が郵送されるところもあるけど、送付の希望なしを選択したら利用明細書やDMも郵送を止めることができるところもあるからそういったところで借りたらいいよ。自宅に郵便物が届かないキャッシング会社って心配しなくても探したらあるよ。

自宅に居ながらキャッシング契約が出来る時代

ひと昔前であれば金融機関から何らかの借り入れをするというのは、かなり骨の折れる大仕事でした。お金を借りるためにはその使用目的を明確にし、その様な期間でどのように返していくのかをしっかりと計画し、返済が滞った場合の連帯保証人または担保を提示して金融機関の判断を待つ必要がありました。しかし近年ではそれらの同様の目的を達成することが自宅に居ながらにして出来るようになったのです。
(⇒返済に遅れると後々大変です

自宅に居ながらにして契約できる融資にもいくつかの種類がりますが、専用のローンカードを使って現金を引き出すサービスを提供するカードローンによるキャッシングは最も身近な融資の一つとして盛んに宣伝され利用者を増やしています。このカードローンは近年のインターネットの発達により生まれたサービスであると言えるかもしれません。(参考ページはこちら→ネット経由の融資利用

現在では金融機関は個人の信用情報をデータベース化しており、何らかの理由で信用を損なうような事案が発生すると要注意者リストとしてリストアップされる時代になっています。逆に言えば返済不履行の様な信用を損なうような行為を行っていない限りは一定の信用を得ることはそれほど難しくないのです。

カードローンの場合はインターネット上の入力フォームに自分の情報を書き入れることで申し込みは終了します。次はその情報に基づいて金融機関が提携する保証会社がカードローンの契約希望者の信用情報を調査します。その結果何らかの問題があると判断されない限りは、この保証会社が連帯保証人の役割を買って出てくれることになっています。そのためカードローン契約には保証人も担保も必要がないのです。

この信用調査は何かしらの信用情報に傷が付く様な問題を抱えていない限りは審査に落ちることはありません。そのため、初めてカードローンに申し込む場合には余程のことがない限り審査には通るのです。そこまでの手続きが全て自宅のパソコンの前で完結します。現代はその様な時代になってきているのです。