高齢だと借りにくい?キャッシングの年齢上限が高い順にするとどこが借りやすいですか?現在65歳で定年退職がそろそろです。今後はアルバイトでもしていこうと思っているのですが、収入が減ることに不安があります。家賃や光熱費を考えると年金だけでの生活はムリですし、アルバイトではどのくらいまで稼げるのか分かりません。そこで65歳でもカードローンなどで借りることができるところがどこなのか知っておきたいです。

キャッシングができるのは20歳から69歳までのところが多い

年齢が高くなると借り入れできるところが少なくなってきますね。これは収入と返済期間を考えると仕方ないことですね。収入が先細りしていく中、借り入ればかりが増えてしまっては返済が出来なくなってしまうことは目に見えています。そこで借入れした人が返済に困らないように最初から年齢制限を設けて借りれないようにしているのですね。

年齢上限は会社によって様々で65歳までとしているところもあれば70歳や75歳までとしているところもあります。しかし、どこの金融機関でも高齢になればなるほど小額の借入れで短期間で返済できるようにしています。返済の見通しが立つ金額までの借入れが重要になります。
(⇒金融業者による違いに注目しよう

年齢上限が気になる頃になると、借り入れ先を探す時には最初から年齢はいくつまでなのか申込み条件を絞って借り入れ先を選ぶと、その後の手続きがスムーズになりますね。年金だけでも借入れができるのか、年金だけでは借り入れはできないのかといったことも金融機関によって異なるので、申込み条件をよく確認してから申し込みする必要がありますね。また、借りたいと思った時にすぐに審査に通るとは限らないので予めカードを作っておくと安心ですね。(参考ページはこちら→融資審査に通る為に知っておきたい事

キャッシングカードローンが申し込みできる年齢上限が高い順

キャッシングカードローンの申込みには、年齢制限があります。下限の年齢は20歳以上からが多いです。未成年の方は、カードローン申込みをすることはできないのですが、学生ローン専門の会社であれば未成年の方でも融資をしてくれる会社も存在します。定期的に収入のある方が申込み対象となります。

申し込みができる上限年齢ですが、60歳までや64歳、65歳、69歳までなどカードローン会社によって異なっています。この上限年齢を超えている方はカードローンの申込みをすることができません。

数年前までは、カードローンの申込みに上限年齢を設けている会社はあまりありませんでした。それが、高齢者に高い金利で融資をすること、返済が遅れた時の厳しい督促、そして団体信用生命保険といって万が一亡くなったとしても保険金から残高の相殺に充てることができる、その保険料は高い利息から負担されている、このようなことが社会問題化したことから、各カードローン会社での自主規制で団体信用生命保険のの撤廃と申込みに上限年齢を設ける会社が増えてきました。

現在では、70歳以上で借り入れができるカードローンとなると年齢上限が高い順でいえばレイクであれば、満70歳までであればカードローンの申込みをすることができます。申し込みできる年齢は、65歳までの会社が多いのですが、融資が可能な年齢も申し込みできる上限年齢と一緒であることが多いため、新規申し込みをして契約すると、誕生日を迎えた時点で融資が止まってしまい、借り入れできる期間が短いのもネックになります。

また、安定した収入があることが申込み条件のひとつであるため仕事についている必要があります。60歳以上だと定年退職している方がほとんどのため申込み条件としては、厳しいです。ただし、カードローン会社によっては年金も定期的収入があるとみなしてくれる会社もあるため、年金受給していることを条件に融資をしてくれる会社もあります。