ごく基本的なことなのですが、借金初心者なので、お聞きしたいと思います。それは、キャッシングする際に必要な書類です。というのも私は現在、正社員として働いておらず、アルバイトをしているのです。ですから、手続きに必要な書類がきちんとそろうか心配です。具体的に教えていただけましたら幸いです。

大きく分けて、本人確認と収入確認のための書類が必要

お金を借りるということは以前では大変なことでしたが、最近ではほとんどの手続きがネット経由で行えるようになり、それに伴って必要とされる書類も減ってきています。ですから、あなたがアルバイトであるとしても、必要書類をそろえる点で不利になることはありません。(参考ページはこちら→アルバイトでも普通に融資は受けられます

まず、あなたがどれだけのお金を借りのか、ということをはっきりさせましょう。キャッシングする際には大きく分けて、本人確認のための書類と収入確認のための書類が必要ですが、もし借りる金額が50万円以下であれば、収入を照明するための種類は必要ありません。これは貸金業法に定めされていることです。ちなみに付け加えておきますと、収入証明のための書類とは給与明細とか源泉徴収票などですね。

ただし、あなたがいくら借りるとしても絶対に必要な書類があります。それはあなた本人がお金を借りることを証明するために必要なものです。代表的なものとして、運転免許証ですが、免許証がなければ健康保険証や住民票、パスポートでも大丈夫です。この書類はつまり、あなたがちゃんと居を構えている人間であることを証明し、夜逃げなどしないための担保となるわけですね。

キャッシングの必要書類にはどんなものが必要か

キャッシングへの申し込みは来店で店頭で申し込む方法、自動契約機を利用する方法、ネットや電話など来店せずとも利用できる方法が様々用意されています。申し込みは他のローンを組むことを考えると、簡単に行えると言えますが、やはりそれなりの準備は必要です。申し込み手続きに来店しても書類が不十分であると手続きを行うことはできません。まずは、どういった準備が必要になるのかは確認しておきましょう。

キャッシングを利用する場合は、本人であることを証明しなくてはいけませんから、まずは身分を証明できる書類を用意する必要があります。この場合は普段運転をされている方の場合は運転免許証を用意しておくと顔写真も入っていますので、信頼性も高いと言えます。免許を持っていないという場合は、健康保険証やパスポートを用意しておくと良いでしょう。

必要書類は、消費者金融の場合なら、50万円までの借入の場合は身分を証明できる書類があれば良いことが多いですが、50万円を超える借入れをしたい場合や、他社との借入で100万円を超える場合であれば、収入を証明できる書類も必要となりますので、源泉徴収票や、自営業の方の場合は確定申告書などの書類を用意します。(参考ページはこちら→職業による融資の受け方

来店での手続きの場合はこうした書類は持参していきますが、インターネットや電話から申し込みを行う場合は、その場で渡すというわけにはいきませんので、後日郵送するという方法もありますし、ファックスやメールなどを利用すれば、郵送の手間なく書類を送付することもできます。

銀行のカードローンの場合もやはり必要書類の準備は必要となりますが、この場合も用意する書類はほぼ消費者金融と同じで、本人であることを確認できる書類や、借入金額によって、収入を証明できる書類を準備することとなります。(参考ページはこちら→銀行からの融資でも概ね同じ?

各金融業者のサイトでは、申し込みに必要な書類についても紹介されていますので、申し込み前には確認し、必要なものはすべて揃えておきましょう。

【参考ページ】
融資を受ける為の条件を再確認