自営業をやっているんですけれども、今までお金を借りるということをしたことがありませんでした。ですが今後はお金を借りることもしないとなと思っていて、お金を借りるためにはどういうふうにしたらいいのかわからず、いろんな人に聞いています。

今のところキャッシングという方法があるというのはわかっているんですが、自営業のキャッシング審査とはどういうふうになっているのでしょうか。

自営業のキャッシング審査とは厳しいものと理解しよう

自営業のキャッシング審査とはどういうものか?これは残念ですけれどもキャッシングの一般的な審査と同じではありますが、どうしても厳しくなってしまうということを覚えておいたほうがいいでしょう。つまり、普通のサラリーマンでキャッシングするときなんかよりも厳しい、そういうように考えておいてください。(参考ページはこちら→職業による融資審査の変化

キャッシングするときは普通のサラリーマンよりも厳しいというのもちゃんと理由があります。それはカードローンにしても消費者金融にしても、お金を貸す人たちは安定して収入がある人達を好むのです。数年間でもいいから安定していること、それが過ぎ大事なのですが自営業の場合は数ヶ月、それこそ1ヶ月単位で仕事が不安定になることだってあるでしょう。

そうなると「今後不安定になって仕事がなくなって、それが原因で借り入れを返済してもらえないだろう」そう言うように思うわけです。これはかなり厳しいと思います。今安定していて、今後もまずクビになって仕事がなくなるということが少ない公務員と比べても、貸出しにくい問のは業者側の気持ちになってみるとわかると思います。

ですから自営業の場合はキャッシング審査はほとんど変わらないし、提出しなければならない書類などもあまり変わらないのですが、厳しさという点では圧倒的に負けてしまう、ということです。これは銀行の融資でも一緒ですし、どういう形の借り入れでも同じだと思います。

自営業でたくさん稼いでいるけれども借り入れができなかったという人も少なくありませんし、信用実績を作るためにも小さい額を返済し続けるということも重要になるかもしれません。
(⇒少しでも審査に通りやすくする為に

キャッシング利用の注意点。「自営業のキャッシング審査とは」

現在事業として行われているキャッシングでは、ほぼ必ずといっていいほど審査が行われるようになっています。無審査で資金を貸し付けてしまうと、本来であれば返済能力の無い消費者に対して貸付を行ってしまい、結果として返済してもらうことができなくなるというリスクが発生するわけですから、これは当然のことといえるでしょう。中には「無審査で融資します」ということを謳う業者もありますが、そういった業者は「どのような手段を使ってでも返済してもらう」というような違法性が疑われる業者である恐れがありますから、なるべくであれば利用を控えるべきといえます。(参考ページはこちら→闇近業者に多い手口

貸付の前に審査を行うということは、事業者にとっても、消費者にとってもメリットの多いことなのです。ですが実際には、審査を受けた結果「貸付はできない」というような判断をされてしまう人もいます。その判断を受けやすい最たる人となるのが「自営業」を営んでいる人です。では自営業のキャッシング審査とは、どのようなものなのでしょうか。

この自営業のキャッシング審査と、通常の労働者のキャッシング審査の最大の違いは「収入の安定性」の違いによるものだといえます。現代の社会では、ほとんどの人がなんらかの企業に就職することで給与を受け取り、生計を立てています。この給与は多少の増減こそありますが、基本的にはほぼ一定の金額を毎月受け取ることができるものです。収入の金額が明確であるために生活のプランが立てやすく、返済計画も立てやすいということになります。

反面、自営業の場合は月々の収入が安定していないことが多いのです。売り上げが多い月は高い収入が期待できますが、そうではない月には収入が少なくなってしまいます。自営業者の多くは自身が営む事業の状態からある程度の収入を予測することができますが、月々の収入が一定ではないということには変わりがありません。キャッシング業者は貸し付けた後で返済がされないというリスクを最も嫌いますから、収入が一定ではない自営業者のキャッシング審査には、及び腰になってしまうのです。

もし自営業者がキャッシングを利用したいというのであれば、前年度の納税証明などを提出するなど、説得力ある形でキャッシング業者に主張することができなくてはなりません。もし自営業の方でこれからキャッシングを利用したいという方は、事前に対策を講じておくと良いでしょう。