最近本当に聞くことが多くなった在籍確認不要のキャッシングですけれども、普通の業者と違って在籍確認不要というだけでも「何かデメリットが有るんじゃないのか?」と思ってしまいます。実際にはメリットは在籍確認不要というところだと思いますが、デメリットとしては何があるんでしょうか。

心配な部分が亡くならない限りは使いにくいので、できればデメリットがないことがはっきりするまでは使えないかなと思って、今は待機しているので教えてもらえないでしょうか。

デメリットがあるとすれば書類の提出が増えるくらいだ

銀行系カードローンにしても消費者金融にしても、およそキャッシングと言われるものの多くに、在籍確認不要というものが増えてきているのは間違いないでしょう。在籍確認不要のキャッシングと言っても、メリットばかりではないだろうと消極的になるのもよくわかりますが、実際にデメリットはなにか?というとかなり探すのが難しいと思います。あるとすれば書類提出が増えるくらいでしょうか。(参考ページはこちら→融資の基本的な提出書類とは

書類の提出が増えるというのは、在籍確認で連絡をしてくることがないからです。書類の提出が増えるといっても簡単にいえば給料明細を数ヶ月分だけ出すか、もしくは源泉徴収票などを出すくらいのものですから、ほとんど手間というのはないと思っていいでしょう。電話の代わりに源泉徴収票を出せばいいのですから、こちらの方がいいと考える人が多くてもおかしくありません。

源泉徴収票を出せばいいだけで、そこにデメリットはありませんから安心して他と同じようにキャッシングをすればいいでしょう。デメリットがありそうに見えますが、これはキャッシング業者が利用者のニーズを汲み取って借り入れをしやすいように改善をしてくれているのです。最近は銀行系カードローンの参入も増えて利用者の取り合いになっているため、サービスを向上させているのです。

だからあまり心配し過ぎることはないのです。昔よりもどんどん進化して使いやすくなっているということを素直に受け止めて、良さを享受すればいいのです。

在籍確認不要で借り入れOKのおすすめキャッシング会社について

銀行や消費者金融のキャッシングなどを利用する際は、どのような条件で借り入れが可能なのか各業者ごとに異なってきますので、事前に調べておくことが重要になります。

借り入れをしたい金融業者として審査が楽に通過できるほうが、申し込みしやすいと言えると思います。消費者金融業者のキャッシングの申し込みを行うと、借り入れ申込み者が返済能力を有しているかを確認するために審査を行います。

審査が通りやすい消費者金融会社といえば、アコムがおすすめです。アコムの場合では最新2か月分の給与明細書または社員証や健康保険証の提示を行えば、勤務先への在籍確認不要で借り入れが可能になります。

アコムの申し込みはパソコンやスマートフォン、携帯電話に対応していますので、これらのITツールを使用することでインターネットを経由して24時間いつでも申し込みができるようになっています。ネット上で申し込みから融資の契約までを済ませることができますので、店舗に来店する手間をかけることもなく簡単に即日融資を受けることができます。運転免許証などの本人確認のための書類や、源泉徴収票などの所得を証明するための書類についてもスマートフォンや携帯電話で写真を撮影したデータを、メールやアプリに添付して提出が行えますので非常に簡単に手続きを終了させることができて便利です。

アコムの利用は年齢が満20歳から69歳までの方が借り入れることができて、主婦や学生、パートやアルバイトの方でも借り入れ可能となっています。
在籍確認不要で融資を受けられるおすすめのものとしては、三井住友銀行グループのキャッシングもあります。

三井住友銀行グループのキャッシングサービスでは、WEB上で申し込みから借り入れまでの全ての契約を済ませることができるWEB完結申し込みの方法を利用することができます。WEB完結申し込みを利用することで、店舗に来店しなくて済みますし、在籍確認不要で融資を受けることができます。

また、自宅に契約書や利用明細書などの郵便物が届く心配も必要ありませんので、安心して利用できるキャッシングと言えるでしょう。

【参考ページ】
アコムの利点をしっかりと確認しよう