キャッシングの一括払いの利息ってどのくらいになるものなんでしょうか?よく言われているのが「金利を節約するためには一括払いや繰り上げ返済などをした方がいい」ということでしょう。これは私もよく分かるのですが、じゃあどのくらい金利が減るんですか?ということがいまいちピンときません。

キャッシングの一括払いの利息が普通に毎月返済している場合に比べて、どのくらい違うのか、具体的な数字で教えてもらえないでしょうか。

キャッシングの一括払いの利息は100分の1くらいになることも

普通の消費者金融などのキャッシングはリボ払いになっていますから毎月支払う金額が決められていて、その金額を支払っていれば問題はありません。ただこの方法ではキャッシングの一括払いの利息に比べると100倍位支払いをしなければならないことにもなります。それくらい一括で返済をするということは、利息を節約することになるのです。

具体的には例えばですけれども30万円の借り入れを15%の金利で借りていたとしましょう。この時毎月1万円を返済しなければならないとした場合、単純計算をして年利で4万5千円かかってきます。4万5千円を12で割っておおよそ3千円ほどを毎月の支払から差し引いた7千円分しか30万円の元金が減らないのです。となると1年で10万円も返済できないことになります。

対するキャッシングの一括払いの利息というのは年利で計算はされますが、その時までに借り入れしている日数によりますから、年利で15%で30万円を4ヶ月間だけ借り入れをしていたら、年利の3分の1でいいのです。つまり4万5千円の3分の1ですから1万5千円だけを支払って元金を全額支払うことによって完済させる事ができます。これだけでもどれだけ利息を節約できるかがわかりやすいと思います。
(⇒一括返済の実行方法

キャッシングの一括払いの利息は低くなり、できるだけ繰り上げ返済をしていったほうがいいというのは間違いないということになります。だから多くの人は少しでも金利を減らすために、早く返済することを推奨しているというのがわかるでしょうか。(参考ページはこちら→返済計画については相談してみよう

キャッシングの一括払いの利息の計算方法とは

金利や利息という言葉をきいても、なかなかピンとくるものではありません。預貯金などで金利が低くメリットが低いだけであれば、損害にはなりませんのでそこまで気にかける必要はないかもしれません。しかし、きちんとこのような内容を把握しておかないと、状況によっては自分に不利益をもたらす事態になってしまいます。その一例がキャッシングです。正しい使い方をしていればよいのですが、利息などの計算を間違えると、余分に支払いをしなくてはならなくなります。では、キャッシングの一括払いの利息はどのように計算すればよいのでしょうか。

一括払いにするということは、次の支払いの期日が来た場合、借り入れをした金額を一括で返すことになります。ですから、利息は借りた金額に対する利息のみになります。これが一括ではなく分割にした場合は、借り入れの総額に利息を加算してから、一回目に支払った金額を引いた金額にさらに利息をかけた金額が常に残っていく計算になります。ですから、借り入れ多額が大きければ大きいほど、返す金額が小さければ小さいほど利息によって返す金額が増えていくのです。一括払いにするということは、自分が支払う利息を最低限に抑えるということになるのです。

また、会社によっては別の意味でメリットにつながる場合があります。例えば、一定期間内は利息が発生しないなど、キャッシングを利用しやすいようにしている会社を利用している場合、その期間内に一括で支払いを完了することができれば、結果として一切利息を払う必要がなくなります。また、利用金額に応じて別のポイントで還元している場合もありますので、そのような特典のある会社を利用して、利息を別の形で取り戻すのもひとつの手段だと思います。キャッシングを利用する際は、無利息の期間や、利息のパーセンテージなどを意識して、賢く利用すると、メリハリのある生活のサポートにつながるのではないでしょうか。