就職したら給料がもらえるので生活には困らないと思っていたのですが、就職する時に必要なものがたくさんあってそれを買ったこともあって、貯金に余裕が無くなってしまったんです。そんな時に、友達から大学の時に仲が良かった友達とのグループ旅行に誘われました。お金は無いけどどうしても行きたくて、仕方がないのでお金を借りて参加しようと思ったのですが、私は就職してからまだ3カ月しか経っていません。

そんな私でもキャッシングローンが組めるのか心配です。キャッシングローンを組めるところはたくさんありますが、審査が通りやすいところとそうでないところはあるのでしょうか。あるのなら通りやすいところで申し込みたいと思うので、教えて下さい。

キャッシングローンの審査には会社によって基準の違いがあります

結論から言えば、キャッシングローンの審査は通りやすいところとそうでないところがあるものなのよ。各会社それぞれがその会社独自の審査基準を持ってキャッシングローンの審査を行っているから、極端に言ってしまえば選ぶ会社ごとに通りやすさは違うと言ってもいいかもしれないわね。だけど、ポイントとなるところは決まっているのよ。まずはきちんと仕事をして収入を得ているかどうかということね。

これは今後返済を続けていけるかどうかを確かめる意味があるの。だけど、就業形態によっては審査に通らないこともあるの。キャッシングローンによっては、正社員以外は契約できないとしているところもあるし、正社員以外でもいいとしているところもある、というような感じね。ということは、正社員以外でも契約できるキャッシングローンの方が審査が甘いことになるわよね。

それ以外にも職業や勤続年数なども合わせて見られることになるんだけど、あなたが気にしていたように勤続年数が浅い場合は契約できないという審査基準を持っている会社もあれば、仕事をしていればいいとしている会社もあるのよね。それから、仕事を始めてどれくらい経っていれば借り入れが可能とするかも、会社によって判断が違うの。

だから、会社をしっかり選んで借り入れをすれば、借り入れができないということは無いわよ。一般的な傾向ではあるんだけど、銀行よりも消費者金融のキャッシングローンを利用する方が審査は甘めだと言われているのよね。だから、審査が心配な場合は借り入れ先として消費者金融を選ぶようにすると審査に通りやすくなりそうね。

審査が通りやすいキャッシングローンを探すには

審査が通りやすいキャッシングローンを探すためには、金利に注目しなければなりません。キャッシングを利用する際には、審査に通ることも大切ですが、審査に通り利用開始してからの返済のしやすさにも注目しなければならないのです。そのような場合においては、返済額に直結する金利に注目しなければなりません。またこの金利に注目することにより、審査が通りやすいキャッシングローンの見分け方も同時に発見することができるのです。
(⇒融資審査に通る為に欠かせない事とは

キャッシングローンにおいては、金利を重視することが大切です。金利が低ければ低いほど、返済においての利息が少なくなるために、返済をしやすくなるのです。特にキャッシングという金融商品は、その性質上何度もの借り入れや返済を行うことになります。金融商品には、借り入れる金額が少なければ少ないほど、金利が大きくなるという性質があります。そのためキャッシングは少ない金額を何度も借り入れるために、金利が大きくなってしまうのです。

そのためキャッシングを利用する際には、金利が安くなければならないのです。金利が高い場所で利用開始してしまうと、何度も借入を行っていると、金利が低い所と比べ、利息に大きな差が生まれてしまうことになります。そのため利用するためには大きな支払い能力が必要になるのです。

この支払い能力こそが、審査が通りやすいキャッシングローンを選ぶときのポイントとなります。支払い能力が少なくても借りられる場所は、金利が低い所です。金利が低ければ利息も少ないために、より少ない金額で返済を行うことができるからです。なので審査が通りやすい金融機関は、金利が安い所になるのです。

金利が安いキャッシングローンは、そのため銀行系のキャッシングになります。銀行系の特徴としては、低金利であることと、融資限度額が高いことです。そのため審査が通りやすいだけではなく、利用開始してからも支払いを行いやすいうえに、融資限度額が高いために増額を視野に入れている場合にも役に立ってくれるのです。