西日本シティ銀行に口座を作ろうと思っています。その時に、オールインワンカードというカードが作れるらしいんですが、これを一緒に申し込もうかどうしようか迷っています。私はよく旅行をするので、クレジットカードがあれば便利だと思うのですが、クレジットカードで支払いができないものの時にはキャッシングしたいなと思う時もあるんです。

両方あったら便利なので、キャッシングができるのならカードを作ろうと思うんですが、オールインワンカードにはキャッシング機能が付いているんでしょうか。

キャッシング機能付きのカードを作ればキャッシングもできます

西日本シティ銀行のオールインワンカードね。このカードには、キャッシング機能が付いたカードとクレジット機能のみのカードとがあるのよね。だから、キャッシングがしたいのなら、キャッシング機能付きのカードを作ればいいのよ。オールインワンカードは、西日本シティ銀行のキャッシュカードとしても使えるし、クレジットカードとして利用することも可能なの。(参考ページはこちら→銀行カードローンは多機能?

オールインワンカードをクレジットカードとして使用した場合は、ポイントを貯めることもできるから、そういう意味でもお得なカードね。もちろん、海外でクレジットカードとして使うこともできるわ。それに、キャッシング機能があるカードならキャッシングもできるという、とても便利なカードとなっているのよ。

だから、西日本シティ銀行に口座を作る予定があって、さらにキャッシングができるクレジットカードが欲しいのなら、申し込んでみたらどうかしら。オールインワンカードのキャッシング機能は海外でも使えるし、利用限度額の範囲なら何度でも借り入れをすることが可能なのよ。

それから、安全面にも気を遣っていて、全てのカードがICチップ搭載のカードとなっているのよ。ICチップ搭載のカードは偽造しにくい仕組みになっているから、安心して使えるということね。だけど、それだと他行のATMやコンビニのATMを使う時に不便なこともあるのよね。だから、同時に磁気ストライプも搭載されていて、便利に使えるように考慮もされているのよ。

それでも心配だという人には、生体認証カードと言って、利用する人の指の静脈のパターンを登録し、その情報で本人確認ができるようなカードを申し込むこともできるのよ。このカード1枚あればいろんなことに使えてお得だし、セキュリティにも配慮されていることから安心して利用できるということがわかるわね。

オールインワンカードのキャッシングサービスについて

オールインワンカードのキャッシングサービスを利用したいと思う人もいるかもしれません。オールインワンカードを利用するなら、まずその特徴を理解する必要があります。オールインワンカードの特徴は、銀行カードであることです。キャッシングやカードローンには銀行系と消費者金融系があります。オールインワンカードは銀行カードになります。

銀行系の特徴は、総量規制の対象にならないことです。総量規制の対象にならないということは、借入制限がないことを意味します。消費者金融系の場合は総量規制の対象となり、借入制限を受けます。したがってこの点で銀行系は強みがあるといえます

加えて、金利が比較的低いことも銀行系の強みです。消費者金融系では審査が甘くなる分金利が高くなりますが、銀行系ではその逆になります。審査は比較的厳しくなりますが、金利は低く設定されています。ただし、審査基準が高く、審査時間も長いのが銀行系の特徴です。(参考ページ→急ぎでお金を借りたいならこちら

銀行系でも消費者金融系でも、cashingを利用するときは注意点にも目を向けなければなりません。キャッシングの注意点は、借入れ中につく利息が高いこと、事前に完済の見通しを立てる必要があること、ついつい借り過ぎてしまうことなどです。また携帯キャッシングを利用する場合は、携帯の中に収められた個人情報が悪用されないように注意しなければなりません。携帯専用のIDやパスワードを忘れてしまえば、利用そのものができなくなることもあります。(参考ページはこちら→融資利息の計算はしっかりと行おう

また、中小キャッシングを利用するときは、悪徳消費者金融に騙されないようにしなければなりません。中小金融会社では大手よりも審査基準が甘くなりますが、その分、信頼性に欠ける企業が集まりやすくなります。

cashingの返済方法には、窓口、ATM、引き落としがあります。ATMの返済は、タッチパネルを操作するだけの簡単なものです。窓口での返済は、店舗に出向く時間が必要ですが、直接お金を返すことで借入れの自覚が高まります。引き落としでの返済は、残高不足にならないように注意しなければなりません。