クレジットカードの日々のキャッシングでブラックになりますか?それとも日々キャッシングをしていても毎月の支払いに遅れたりしなければブラックになる事はありませんか?

お金が必要な時に使ったキャッシングが思った以上に便利だったので、それ以降ちょっとお金が必要だという時には迷わずキャッシングを利用するようになりました。もちろん買い物の時にはショッピングを利用するのですが、どうしても現金が必要という時にはキャッシングを利用してしまいます。日々キャッシングをしているというコトでクレジットカード会社から目をつけられたりしませんか?

支払日に返済ができていれば問題なし

キャッシングやショッピングの利用で、ともに支払日に返済ができていればブラックになる事はありません。もし、支払日に返済が出来なくてもカード会社の指定日までに返済が間に合えば問題はありません。

ただし支払日には間に合っていないので、この場合はカード会社内の自社情報として残ります。だけど、信用情報機関へ登録されるわけではないので他社からは支払日に間に合わなかったことは分かりません。支払日には間に合わなかったけど、カード会社の指定日までには間に合ったという返済の仕方を何度も繰り返していると、カードの更新をしてもらえなくなるので気をつけて下さいね。

そして支払日に返済できなかった、カード会社の指定日にも返済できなかった、となると延滞になります。延滞となると個人信用情報機関へその情報が載ります。そうなると他社にも返済に遅れたことが分かります。こうなるとブラックとなりますよ。ブラックになると他社のカードが作りにくくなったり、カードの使用停止になったりしますよ。

日々のキャッシングで「ブラック」になったらどうすればいいの?

キャッシングはうまく活用することができれば非常に便利な存在です。不足している分の金額を借り入れて、給料が出たら返済するというような使い方を心がけていけば、そこまで大きなリスクを抱えることなく家計を円滑にまわすことができるようになるでしょう。

日々のキャッシングに慣れていったのであれば収支のバランスもよりつかみやすくなりますから、キャッシングの契約をしたというような場合には、小額であってもなるべくこまめに利用していくのが好ましいといえます。

ですがだからといって、「借金をする」ということに対して寛容になりすぎるのも考え物です。特に「人生何が起こるかわからない」という言葉が古くからあるように、不慮の事故などで返済が不可能になってしまうというリスクは少なからず存在しています。(参考ページはこちら→特に利息はしっかりと見ておこう

日々のキャッシングに慣れてしまい、危機感が薄れてしまうと、収支バランスを超えた借り入れをしてしまうこともあるでしょう。そうした際、ミスによって「ブラック」として扱われるようになってしまった場合にはどうすればよいのでしょうか。(参考ページはこちら→ブラックリストになる理由

これに関しては残念ながら、ごく一部の例外を除いて「一定期間が経過するまで待つ」ほかありません。過払い金などの存在によって返済が不可能になっていたというように立証することができればブラックとして扱われる状況はすぐに解消することもできますが、そういった状況はある程度の期間を続けて返済をしていた人が陥る状態です。日々のキャッシングの中でブラックと呼ばれるようになってしまったのであれば、残念ながらそういった特例には当てはまりづらいということになるでしょう。

ではブラックと呼ばれる状態になってしまった、つまり事故情報が記録されてしまった場合には、どれだけの期間を待てばよいのかというと、これは大きく分けて二つのケースに分けることができます。

一つ目が官報に記載されない「延滞情報」ですが、これの場合は最短で5年経過すれば記録は消去されることとなっています。自己破産をはじめとする各種債務整理など、官報に記載される情報に関しては7年から10年と、比較的長期間にわたって記録が残ることとなりますから注意が必要です。

一度ブラックとして扱われるようになってしまうと信用を取り戻すのには長い時間がかかります。ですので日々のキャッシングには常に最低限の緊張感を持つように心がけましょう。