以前、自己破産の手続きをして免責がおりています。何年か経つと自己破産の免責後でもキャッシングは出来るようになると聞きましたが、具体的には何年ですか?今のところ5年が経過ています。そろそろ個人信用情報の登録は消えますか?登録が消えたらお知らせのようなものは来ますか?(参考ページはこちら→信用情報ってどんなの?

最近、付き合っている彼女と結婚を考えるようになったのですが、気になっているのが過去の自己破産です。彼女には言っていませんし、今のところ言うつもりもありません。だけど例えば今後家の購入を考えた時に過去の自己破産が原因で住宅ローンが組めなかったり、彼女がもし生活費が足りないからキャッシングをしようと思った時に審査に通らず自己破産が原因というコトになったら少し厄介です。

事前に伝えた方がいいのか、今後の結婚生活に影響することがないのなら伝えなくてもいいのか悩みます。

自己破産は免責後5年以上経つと情報が消える可能性がある

自己破産をすると個人信用情報機関に事故情報が登録されますね。この情報は5年経つと消えるようになっています。しかし、自己破産の場合は国が発行する官報にも載ることになっており、官報では10年情報が載ることになっています。そのため、キャッシング会社などの金融機関がどこまで情報を集めるのかといった判断や審査基準によっていつからキャッシングができるのかというコトは変わってきます。

登録が消えたからといってお知らせが来ることはありません。しかし、こちらから個人信用情報機関へ問い合わせて情報の開示を行うと、情報が消えているのかどうかは確認できます。

今後の結婚生活に影響するかはあなた次第でしょう。自己破産が気になって仕方ないなら最初に話しておくべきですし、既に5年経っているというコトなので、後5年経つと官報からも情報が消えるので5年は家の購入の話しをしないと決めて内緒で貫き通すか、自己破産について話す話さないはあなたと彼女の性格次第ですね。

自己破産の免責後のキャッシングは可能なのか

自己破産と言うのは借金を全てゼロに出来る債務整理の1つです。但し、自己破産を行う事で自由財産と呼ばれる財産以外は全て処分をしなければなりません。住宅などの不動産を所有している場合は、不動産を処分する事になるわけです。それ故にリスクと言うものは大きくなります。

また、自己破産は全ての人が出来る債務整理ではなく、返済能力があると言う判断が下された場合は、裁判所は申し立てを却下しますし、浪費などが原因で借金をして返済が出来なくなった場合などでは免責許可が下りませんので破産をする事が出来ないのです。そのため、借金をした理由や返済能力などの有無と言った条件が有るのです。

自己破産をすると官報に掲載されます。これは破産情報として掲載されることになり、同時に信用情報機関が管理を行っている個人信用情報にも記録が行われ、ブラックリストに掲載されると言った状態になるのです。免責後は、債務がゼロになると同時に、官報に掲載が行われ、個人信用情報にもブラックの状態となりますのでキャッシングの利用をする事は出来なくなります。

金融機関は、申込みを行った人の個人信用情報を照会して、返済能力などの有無を確認しますが、個人信用情報は申込者の信用が有るかどうかを確認することが出来るデータベースでもあり、信用情報機関が管理を行っているのです。
(⇒融資審査で大事な事とは

因みにブラックリストに掲載と言う言い方をしますが、ブラックリストと言う書類などがあるのではなく、この個人信用情報の中に延滞や自己破産をした記録が有る事をブラックリストに掲載されていると言う意味になっているのです。

尚、個人信用情報の中に記録される破産や延滞などの記録と言うのは一定期間の中で残され、その後は消滅する事になります。免責後直ぐにはキャッシングの申込みを行っても審査に通る事は有りませんが、5年から7年と言った期間を隔て記録が消滅する事でキャッシングの申込みが可能になると言う特徴が有るのです。
(⇒ブラックでも借りられるようなところが中には存在?