キャッシングの業界では当たり前なのかもしれませんが、あまり個人的には嬉しいと思わないのがキャッシング会社からの連絡です。家や会社に連絡をしてくると言うのは何かしらの理由があると思うのですが、我々利用者からするとできるだけ少なくしてほしいものです。

内容を見てもメールでも大丈夫じゃないか?と思うようなものも多いのに、あえてキャッシング会社が家や会社に電話や紙で連絡してくる理由というのは何なのでしょうか?

家や会社で連絡をしてくる理由が少し違ってくる

家や会社になるべく連絡をしてきてほしくない、そういう感覚を持っている人が多いからこそ、最近では在籍確認なしであるとかネットからの申し込みで人と合わずに借り入れができるというものが流行しているのでしょう。もちろん家や会社に連絡をしてくるキャシング業者というのはちゃんと目的を持っていますが、どちらも同じような理由からではありません。
(⇒融資審査で欠かせない事とは?

ちゃんと理由が違って例えば家に連絡をしてくるという時は、家に連絡をしてくるときには何かしら伝えないといけないことがあるからです。例えば枠が大きくなりましたということもあれば営業で利息を安くするキャンペーンがあるなどを伝えてくるということもあります。他にも明細を送ってくるなど、基本的には必要なことを伝えています。

職場になるとまたちょっと違い、だいたいその人がちゃんと働いているのかどうか、それを確認するためだと言われています。働いているかどうかがわかれば返済をしてもらえるかどうかもだいたい見当がつくということで、働いているかどうかを見るために連絡をしてきます。まれに返済がされていない時に会社にまで連絡をするところもあるようです。

家や会社に連絡をしてきてほしくない、そういう気持は良くわかりますしメールでもいいじゃないかというのもそのとおりだと思います。実は一部大手を始めとして、そういった連絡をメールで済ませるところも増えてきているのです。もし連絡をあまりしてきてほしくないなら、携帯のメールに連絡をしてもらえるかどうかを聞いてみるといいと思いますよ。
(⇒こうした対応は金融によって違う?

キャッシングの申し込みをすると、家や会社に電話がくる?

金融機関からお金を借りるためには、その金融機関の審査に通らなければなりません。審査は、申込者の返済能力や、信頼できる人間かどうかを見極めるために行われます。金融機関が、審査をしないで誰にでもお金を貸したとしたら、万が一お金を借りたまま返してくれない人がいた場合、多額のお金を失った金融機関は潰れてしまうかもしれません。このようなリスクを避けるために、審査を行うのです。審査の段階で、過去に返済の遅延などの金融事故や、現在の借り入れの状況などをみて、不安要素のある場合は審査に通さないことで、金融機関も貸し倒れのリスクを回避しているのです。(参考ページはこちら→金融事故があるという事

このため、金融機関から信頼できる人物だと判断してもらい、審査に通過することができない場合、キャッシングを利用することができないのです。具体的にどのような人物ならば信頼できるのかというと、安定した収入が継続的にあることが重要になります。安定した継続収入があれば、雇用形態が正社員でなくても問題ありません。アルバイトや派遣でも、ある程度勤続年数が長ければ、審査に通ることも可能なのです。

また申し込みの際に、勤め先や年収、住所や氏名を記入した書類を提出しますが、この内容が本当に正しいかどうかを確認するために、業者から家や会社に在籍確認の電話がかかってきます。本当にその住所で働いているのか、住んでいるのかを確認するので、審査に通りたいあまり本当は勤めていない大手企業の名前を勤め先に書いたりすると、すぐにバレてしまうどころか嘘つきで信頼できないという判断をされて審査に落ちてしまう確率がグッとあがってしまいます。あくまでも本当のことを書かなくてはいけません。

また、電話での在籍確認をされると、自分が融資をうけようとしていることが周囲に知られてしまいます。これが不安で申し込みをためらっている人も少なくありません。金融機関の中には、在籍確認の代わりに社員証や給与明細など、その会社で働いていることが証明できる、その会社の社員でなければ持ち得ないものを提出することで回避できる場合もあります。