私は水商売で働いています。水商売というとあまりよくないイメージがありますが、私は後ろめたくはありません。普通の会社員と同じように働いているだけです。ですが、世の中はそうは見られないようで、いろいろなところで支障があるみたいです。

まとまったお金が必要でキャッシングを利用したいと思っているのですが、キャッシングの審査にも水商売は不利になると聞きました。たとえ、利用するのは始めてでも、水商売だとキャシング出来ないのでしょうか?

水商売は収入が安定していないと見られがち!

キャッシングの審査には職業によって不利なことが確かにあります。ご質問者様のように水商売は審査に不利になってしまうのは、本当です。なぜ不利になってしまうのかといえば、収入が安定していないからです。水商売の形態にもよるのでしょうが、水商売といえば人気商売、芸能人などに近いものがあります。そのため、突然、収入が減ってしまう可能性があるとキャッシング業者は考えるわけです。

キャッシング業者が真っ先に考えることは、最後まで返済をしてくれるかどうかです。今はよくても、途中で返済ができなくなる可能性がある仕事だと、どうしても不利になってしまうことがあるのです。これは決して、水商売がダメというわけではありません。先にも言ったように、芸能人であったり、個人事業主であったり、フリーランスで仕事を行っている方は一般的にはキャッシング審査に不利になると言われています。

しかしながら、水商売の方でも収入が安定していると判断されれば、キャッシングを利用することは可能です。限度額が低く設定されたりと、条件が低くなることはありますが、絶対に水商売だとキャッシングが利用できないというわけではないので安心してください。

また、銀行のキャッシングだと審査が通常でも厳しいと言われていますので、比較的審査が緩いと言われている消費者金融を利用するのも審査に受かるコツですね。

水商売だとキャッシング出来ない?いえ、そんなことはありません

誰でも、生きていれば、どうしても急な出費があるものです。たとえば、葬儀です。披露宴とは違って葬儀は、突然やってくるものです。お悔やみは大した金額ではないのですが、田舎のお世話になった人が亡くなった、などと連絡が入ると、やはり葬儀には参列しなければなりません。場所にもよりますが、往復で数万円の足代がかかるでしょう。時間給などで働いている人は、その間の給与も少なくなります。

何かしらの急な出費に対応するために便利なのが、キャッシングです。キャッシングの契約だけしておけば、現金が手元にないときや、預貯金を急におろすことができないときなど、とても重宝されます。銀行やコンビニのATMから、いつでも、何度でも、自由にお金を引き出すことができるのですから。

でも、キャッシングは、聞こえは良いのですが、結局は借金です。借金するには、審査が必要です。審査で合格しなければ、人はお金を借りることができないのです。この審査に絡んで、「水商売だとキャッシング出来ない?」などと言った噂が流れています。本当に水商売だとキャッシングの契約ができないのでしょうか。

答えは、ノーです。水商売でもキャッシングはできます。商売の種類ではなく、安定収入があるかどうかが問題になります。水商売のアルバイトを定期的にしている人は、その収入が安定的と判断されて、収入に見合ったキャッシング枠が与えられます。また、水商売の経営者のほうは、その売上や収益を証明する書類を要求されることもありますが、いずれにしても安定収入さえあれば、キャッシングは可能です。(参考ページはこちら→やっぱり収入の有無は大切です

キャッシングは、人によって借入れの上限額も異なれば、金利も異なります。本人の収入や信用力による違いです。金融機関が本人をよく調査し、そのうえで無理なく返済ができると判断した分だけ、貸付が行われます。よって、問題は、キャッシングができるかどうかではなく、いくらの金額を、いくらの金利で借りられるかなのです。