キャッシングの審査で在籍確認さえできれば通りやすいのは本当か

キャッシングを利用するには審査に通らないといけないんですよね。審査では在籍確認というものを勤務先にすると聞いたのですが、この在籍確認さえできてしまえば、審査に通ったも同然と伺いました。在籍確認はどのようにするのでしょうか?また、キャッシングの審査で在籍確認さえできれば通りやすいのは本当でしょうか?

在籍確認は審査の最終で行われる可能性が高いのです!

キャッシングの審査では大抵の業者が在籍確認を行います。在籍確認はご存知の通り、勤務先に電話し、本当に働いているかを確認するものです。まず、在籍確認さえ審査に通ったも同然かどうかということですが、これは半分本当になります。

在籍確認というのは、あくまでも審査の一環であって、審査は在籍確認のみでの判断を行うわけではありません。他にも収入はもちろん、過去のキャッシング履歴や延滞履歴など様々な要素を確認したうえで、キャッシングを利用するにあたり、信頼できる人かどうかを判断します。そのため、在籍確認は審査の一つなだけであり、在籍確認が取れたからといって必ずしも審査に通ったというわけではありません。ただし、在籍確認を行うのは手間がかかるものです。申込みを行った全員の在籍確認を行うのではいちいち大変なわけです。なので、審査の中でも終盤で行うものと考えられるので、在籍確認が行われた=審査に通る可能性が高いというふうに判断されています。

さて、在籍確認ですが、どのように行われるかというと、簡単に言えばその名の通り、業者の担当が申請書に記載された勤務先に実際に電話をかけ、申請者が本当に働いているか聞くだけです。

この聞くだけというのが気になるところですよね。勤務先にキャッシングを利用することはバレたくないものです。「キャッシングの在籍確認です」なんて言われてしまったらバレバレですよね。でも、安心してください。在籍確認では業者名を名乗ることはありません。個人名を名乗るので勤務先にバレる心配はありません。

また、電話が来た時に勤務先にいなければいけないかどうかも気になりますよね。営業職だと外出している可能性も高いですし、アルバイトだとシフトに入ってない可能性もあります。これも安心してください。在籍確認では社員・スタッフとしてあなたがいることが確認できればいいので、不在でもシフトに入ってなくてもかまいません。「●●という人はいません」と言われなければOKなのです。

自分の預かり知らぬところで確認が行われているととても不安になりますが、上記のように周囲にはバレないように対応をしてもらえるので安心ですよね。また、場合によっては時間の指定や携帯電話かの着信など、会社に併せた対応もしてもらえるところもあります。不安点や疑問点は申込み時に担当に確認を行うとよいでしょう。

【参考ページ】
融資の在籍確認は無くす事も可能?

キャッシング審査は在籍確認をクリアすると極めて通りやすい

私たちの日常生活では何かと出費が重なって、お金が不足してしまう事態が起こりがちです。日々の生活費や家賃の支払い、仲間どうしでの飲み会やファッションアイテムの購入、または趣味の追究に至るまで、お金が必要となる機会は枚挙に暇がありません。そんなひとつひとつのケースに対応するためにも、銀行や消費者金融でキャッシングサービスを利用するとよいでしょう。(参考ページはこちら→使うならどんな金融業者?

キャッシングとはそもそもお金を借りるという意味ですが、と同時に振り込みローンやカードローンに代表されるような手続きが簡単で、融資のスピードも速い借り入れ方法を指す場合がほとんどです。たとえば振り込みローンは融資希望額を即日中に銀行の預金口座に振り込んでくれるもの。対するカードローンは一枚の個人カードを発行することで、もしもお金の不足が生じた場合には近場の提携ATMへと駆けつけることで迅速に融資金を引き出すことができます。

このように両者ともに日常の中でも大きな活躍を見せてくれる借り入れ方法ですが、利用するには審査を受ける必要があります。利用者はまず、主にネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使って申し込みを行いますが、この時、申請フォームには氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載することになります。金融会社の担当者はこれらの情報を入念に審査し、その人に借りた分をきちんと返済する能力があるのかをチェックしていきます。

また、信用機関への照会を通じて過去の借り入れに問題がなかったかを確認し、さらに勤務先への在籍確認を通じてその申請者がはじめに申請した職場に本当に在籍しているのか、または勤務実績があるのかを実際に電話をかけて確かめます。この在籍確認では、金融会社の担当者が電話口で自らの会社名や借り入れサービス名を明かすことはなく、あくまで個人名で電話をかけることになります。
(⇒過去の信用情報に問題があった場合

ここまでの段階までくれば、後はもう通過したも同然です。振り込みローンならば迅速に口座振り込みが行われ、カードローンではすぐにカード発行が行われます。このように審査内容は盛りだくさんですが、所要時間は30分から60分ほど。何も問題がなければ簡単に進んで借り入れ許可がおりますので、極めて通りやすいと言えるでしょう。