じぶん銀行でキャッシング増額の申込みをするのは簡単だろうか

じぶん銀行のカードローンでキャッシングしています。今度、結婚をすることになって、結婚式のためにもキャッシングの利用限度額を上げたいと思っています。
(⇒銀行カードローンの気になる使い勝手

じぶん銀行でキャッシング増額の申込みをするのは簡単だろうか?

増額の申込みは電話で簡単にできます!

ご結婚おめでとうございます。結婚式といえば、何かとお金がかかりますよね。しかも、前払い制だったりして一気にまとまったお金が飛んでいくものです。キャッシングで先に用意したいですよね。

さて、じぶん銀行のカードローンの利用限度額の増額ですが、ネットで申込みを行うのではなく、じぶん銀行のローンセンターへお電話をして申込む方法のようですね。電話対応をしないといけないのは少々面倒くさいですが、「増額したいです」と言えばいいだけなので簡単ですね。

申込みを行うと再度審査をしてもらうことになります。増額の審査で重要なのは、これまでの利用履歴と返済履歴です。契約してからこまめに利用をしているか、返済は遅れていないかです。じぶん銀行側から見て当然ですが、キャッシングをあまりしてない人に突然「増額したい!」なんて言われても、はいそうですか、とはいきませんよね。増額するなら使ってくれる人にしたいと思うのが当たり前でしょう。

また、利用期間も重要になってきます。契約してから現在までがどれだけの期間経っているのかです。なぜなら、利用者は最初の契約のときに審査をしてもらって信頼度に合わせた利用額を定められています。増額を行うということは、この信頼度を上回る必要があるわけです。あまりにも利用期間が短いと、契約時からの信頼度が上回るか判断することできないですよね。収入や生活がそんなすぐに変わるわけでもないですし。そのため、利用から1年以上経っていることが望ましいとされています。

実際、じぶん銀行では1年毎に審査を自動的におこなっています。1年毎に審査を行い、信頼に値すると判断されるとじぶん銀行側から増額のお誘いがくるわけです。できればこのタイミングで増額をするのが、審査に落ちる心配もなく、一番手軽に行えます。

ですが、結婚式の日にちもありますので、お誘いが来ていなくても上記の条件をクリアし、審査に通ることで増額はできるので安心してくださいね。じぶん銀行のキャッシングの増額は、すでにキャッシングを利用している状態なので、審査に通るか通らないかは別としても、申込みはとても簡単にできます。まずはローンセンターに電話をしましょう。じぶん銀行のローンセンターは平日はもちろん、土日祝でも動いています。平日は仕事で忙しくて電話がかけられない人でも、休みのときに電話が通じるのが嬉しいですよね。
(⇒融資の事はいつでも聞けるのが非常に大事?

じぶん銀行のキャッシング増額は信用がとても大事

じぶん銀行でキャッシングをする際に、審査をすることになります。お金を借りた経験があるか、お金を借りた際に貸し出し時に事故はなかったかなど、この際に事故というのは債務整理をしたなどのことを言います、そういったものがあった場合には、なかなか貸し出しをするのは難しくなってきます。

キャッシング増額をするということは、今までの評価よりも高いお金を貸すということになるので、それだけ査定が厳しくなってきます。一番いいのは、一度借りていて、それをしっかりと返済をしているという事実があれば、それだけ評価が上がり、キャッシング増額がそれだけしやすくなります。

いままでお金を借りたことがないという人は、逆に借りた経験がないから借りた後返してもらうことができるかなどの不安があるために、貸し出しをしてくれる可能性が少しだけ少なくなります。お金を借りる際には、しっかりと計画的に借りないと、債務整理などをする羽目になってしまった場合には、お金を借りることができないということになりかねません。

例え、ブラックリストに載っているから課してもらうことができないだろうとおもっていても、そのキャッシング業者のつながりがない会社では、社内ブラックというものに載っている場合には借りることができる可能性があります。

キャッシング増額をするというのは、信用が大切なために、お金を計画的に使うということが大切です。キャッシング増額をすること自体は審査に通ればすることができるかもしれませんが、借りたお金は返すということをキチンと守る必要があります。そういったことをしっかりとやることによって、銀行への信頼度が上がって、自然に増額されていることもあります。

増額することによって、使うことができるお金は多くなりますが、返すことを考えて、しっかりと計画的に借りるということがとても大切になってきます。信用はあったほうがいいので、なるべくしっかりとお金を管理しなければいけません。